ドロップシッピングの基礎知識

ドロップシッピングとは

ドロップシッピングとはネットショップの一つの形態です。 特筆すべきは商品の仕入れや配送などは全てサービス提供側で行うことで、自分はショップサイトを作ってそこに商品を並べるだけでOKなのが特徴です。

こちらで必要なのはサイト作成および定期的な商品の入れ替えだけで、商品が売れるとマージンが入ってくる仕組みになっています。 無料で登録できる大手サイトもあるのでリスクや費用をかけずに運営することも可能です。

ただし中には詐欺まがいのサービスを提供している所もあるので、登録の際にはしっかり見極めましょう。 資金を要求するところは怪しいと考えてください。

ドロップシッピングのメリット

費用がかからずこれと言ったリスクがないことが最大のメリットです。

大手サービスにはサイトを簡単に制作できるツールも用意されているため、初心者にとってもそう敷居は高くありません。

ドロップシッピングのデメリット

ここまでは魅力的なサービスに聞こえるかもしれませんが、最大の問題は「売れない」ということです。 1円でも売上が上がっている人は100人に1人とも言われています。

あなたがネットで何かを購入しようとする際に、訳も分からないような零細サイトから買おうと思いませんよね。 つまりドロップシッピングでそれなりに売上を上げようとするなら、サイトのSEOを高めたり宣伝したりする必要がある訳です。 ぽっと作ったネットショップが検索上位になって商品がドコドコ売れるなんてことはありません。

ネットに発信力を持つ人は自分で宣伝が可能なのかもしれませんが、普通の人は無理なのでお金を払って広告を出すことになります。 しかしその広告費用を回収できるのかと言えば、まあ無理じゃないでしょうか。

そんな訳でドロップシッピングの問題は「サイトに集客できず商品が売れない」ということです。 逆にここを何とかできるのならおいしい商売なのかもしれませんが、中々難しいでしょうね。

まとめ

ドロップシッピングはリスクがほとんどなく敷居も低いですが、肝心の利益が上がらないのが問題です。

競合もとんでもない数で、大手サービスサイト1つだけで45万人もの登録があります。 まあ普通にやるだけでは1円の売上も上げられないまま埋もれて終わるでしょうし、多少上手くいったぐらいでは作業時間や投資コストに対して割に合わない副業になってしまうでしょう。

あなたにドロップシッピングの才能かネットでの発信力があるなら考えてもいいかもしれませんが、あまり期待しない方がいいように思います。 ネットの発信力があるなら別の商売を始めた方が正直良いと思いますし・・・

ネット副業講座 HOME