阿Q正伝(魯迅)-あらすじと感想

china

阿Q正伝は1921年に発表された魯迅の中編小説です。 家も仕事もなく名前すらはっきりしないが人一倍プライドは高い人物「Q」の伝記という体で描かれています。

魯迅の小説には中国社会の批評し人々を啓蒙する目的がありました。 この話は素直に読めば愚かな男の伝記ですが、この話を通して魯迅が何を伝えたかったを考えるとまた違ったことが見えてくると思います。

あらすじ

その昔、中国の田舎村に家も職もなく名前すらはっきりしない、その日暮らしの阿Q(阿は名前の前に付ける愛称)という男がいました。 「自分は村の名家である趙家の本家筋である」と趙性を名乗った事もありましたが、それを聞いた趙じいさんに怒られてから阿Qの苗字を話題にするものはいなくなりました。

阿Qの本名も戸籍も日々の暮らしもよく知る人はおらず、人々も興味はなくただ阿Qをバカにするのみでした。 定職に就いてはいませんが人に頼まれると日雇いで働き、何事もそつなくこなすことを褒められもしました。

阿Qはプライドが高い男で、阿Qを馬鹿にする者たちに打ちのめされると心の中で相手を見下して精神的に勝利していました。 喧嘩で負けても世の中が間違っているとか、相手は自分より下の人間だとか思うことで、自尊心を保っていたのです。

しかし阿Qは趙じいさんに打たれてから、なぜか人から一目置かれるようになりました。 人々は阿Qが言うことはでたらめだと思っていましたが、ひょっとしたら本当のことなのではという気持ちもあったのです。

そんな頃合に阿Qは尼層をからかって見物人と一緒に大笑いし、尼層は「阿Qの罰当たり、お前の世継ぎは断たえてしまうだろう」と悪態をついて去りました。 阿Qはその晩に尼層の言葉を思い出し、確かに女のいない自分の世継ぎは絶える、これは人の道から外れたことだと考えました。

それからというもの、阿Qの頭の片隅から女のことが離れなくなりました。 趙家で日雇い仕事をしている時に女中と二人きりになった機会に言い寄りましたが、女中は恐怖で逃げそれを知った趙家の怒りを買いました。

それから村の女は阿Qの事を気味悪がるようになり、日雇い仕事を任されることもなくなりました。 食うに困った阿Qはこの村はもう駄目だと街へ行くことにしました。

季節が春から秋になった頃、阿Qは新しい服を着て金を持って村へ帰ってきました。 村の人々は今まで何をしていたのかを問うと、街の名家で働いていたが、そこの旦那や人々が馬鹿だから村へ帰ってきたと言います。 やたらと羽振りが良く色々な着物を持っていたので一部では盗品ではないかとも疑われましたが、証拠もないので戸締りに気を付ければ良いだろうと気に留めるだけでした。

その晩、大きな船が趙家近くの川沿いに泊まり村は騒然としました。 その船は街の名家のもので、革命党が来たから村へと避難してきたという話でした。

阿Qは革命党は謀反人で憎むべき相手だと思っていましたが、街の名家がこのように恐れるなら革命も悪くないと考え直して革命党に参加しようと思いました。 酔っていた阿Qはすっかり参加した気になって「革命だ革命だ」と叫びながら村を歩いて人々から恐れられました。 しかし翌日遅くに起きた頃には革命党は鎮圧され、人々は普段通りに生活していました。

革命党は趙家を略奪しており、数日が経った頃に阿Qは寝ている所を叩き起こされ役人たちに連行されました。 阿Qは趙家略奪に参加していた革命党員である容疑で捕まったのです。

阿Qの身に覚えはないことでしたが無知で字も書けないため誤解は解けず、やがて処刑されてしまいます。 人々は阿求が革命党員で悪い奴だったに違いない、しかし引き回しの中で歌の一つも歌わないとは意気地のない奴だと不満気でした。

感想

魯迅は典型的な愚民の「Q」と典型的な中国社会を舞台として阿Q正伝を描いています。 魯迅には中国社会への批判を通して人々を啓蒙する目的がありました。

当時の中国では自分が阿Qのモデルになっていると考えた人が多くいたそうです。 これは言ってみれば封建社会に適応した奴隷根性と言える代物で、明治日本においても文化人が日本人に対して似たような指摘をしています。 現代日本のSNSにおいても阿Q的精神勝利法の実践例がそこらに転がってますよね…

阿Q正伝は毛沢東に支持されて中国で広く知られるようになり、阿Q精神は中国から一掃すべきものだとされました。 昨今の中国の大躍進は、中国から阿Q精神がなくなりつつある証左なのかもしれません。

よく読まれている記事