オニオオハシ|巨大なクチバシを持つ鳥

Ramphastos toco
名称オニオオハシ (Ramphastos toco)
身体体長:55~65cm / 体重:500~800g
生息地南米の熱帯雨林
食性雑食

オニオオハシの特徴

Ramphastos toco

オニオオハシは巨大なオレンジ色のクチバシと黒い体、白い首、黄色い目の周りが特徴の鳥です。 オオハシ科の中で最も大きく、そのクチバシは体長の30~50%もの大きさを誇ります。 なんと体長に占めるクチバシの大きさの割合は鳥類最大です。

なぜこれだけ巨大なクチバシを持っているかと言えば、クチバシに通る血管から放熱するためと考えられています。 巨大なクチバシは重く扱い難そうに見えますが、ハニカム構造で中は空洞が多く見た目ほどではありません。 その他にも自分を強く見せる、遠くのエサを食べるなどの役割もあります。

特徴的な外見と大人しい外見からペットとしての人気が高く、アマゾンの宝石と呼ばれることもあります。 動物園やペットショップでもよく見られる人気の鳥です。

オニオオハシの生態

Ramphastos toco

生息地

南米の熱帯雨林、森林、サバンナなど生息し、数羽の小規模な群で生活しています。

普段の生活

雑食で主に果実や野菜を食べるほか、爬虫類、昆虫、他の鳥の卵なども食べます。

繁殖と成長

卵生で春に繁殖期を迎えると木の上方を突いて穴を開けて営巣し、数日の妊娠期間を経て2~4個の卵を産みます。 夫婦で交代で卵を温め、2~3週間の抱卵期間を経て孵化します。ヒナは夫婦に1か月半ほど子育てされた後に独立します。

2~3年で成熟し、寿命は50年ほどです。

\share/

よく読まれている記事