コアラ|お腹の袋で子育て

phascolarctos-cinereus
名称(学名)コアラ (Phascolarctos cinereus)
身体体長:65~82cm / 体重:15kg
生息地オーストラリア南東部の熱帯雨林やユーカリ林など
食性草食でユーカリの葉を食べる

コアラの特徴

phascolarctos-cinereus

コアラは灰色の毛並みとずんぐりむっくりした姿が特徴の動物です。 ユーカリの木に掴まって葉をモシャモシャと食べており、その愛らしい姿で動物園の人気者となっています。 なお穏やかそうな外見とは裏腹に全身が筋肉の塊です。

手足は5本指で木を掴みやすい形をしており、木に引っかけるための鋭い爪を持っています。 樹上生活の動物は尻尾が長い傾向がありますが、コアラは尻尾が退化してありません。 ゆったりした動きだから、尻尾でバランスを取る必要はないということでしょうか。

コアラは有袋類というメスがお腹にポケットを持つ動物の仲間です。 ポケットの中には乳首が2つあり、子育てはこの中で行います。 有袋類はオーストラリア大陸以外にはほとんどいない珍しい動物です。

ポケットの入口は下向きに付いていますが、入口を筋肉で閉められるため中の子供は落ちないようになっています。 なぜ逆向きになっているかといえば、子が母親のうんちを食べるためなのです。

コアラの主食はユーカリの葉で、ほとんどそれしか食べません。 実はユーカリは栄養が少なく毒があり消化もしにくいという、あまり食べ物に向いていない代物です。 だから他の生物が食べることはほとんどありません、。

そんなユーカリを消化するためにコアラは体長の四倍にも及ぶ長い盲腸を持ち、さらに体内に毒を分解できる微生物を飼って消化しています。 それゆえにコアラは他の動物と餌の取り合いをすることなく、のんびり木に掴まってモシャモシャできている訳です。

生まれたばかりの子コアラの体内にはユーカリを分解する微生物がいません。 なので母親がいったんユーカリを食べて半分消化されたうんち(パップ)を子コアラに与え、そこから微生物を取り入れることでユーカリを食べられるようになります。

コアラの生態

phascolarctos-cinereus

生息地

オーストラリア南東部の熱帯雨林やユーカリ林などに生息しています。 通常は単独で生活していますが、繁殖期にはつがいで生活します。

普段の生活

夜行性で日中はあまり動かず寝ていることが多いです。 とは言っても1日15時間は寝て過ごして4時間は休憩に費やすので、1日20時間はあまり動きません。 そして残りの時間は採食活動に費やされます。

一日のほとんどをユーカリの樹上で過ごし、葉がなくなってくると地上に降りて別のユーカリの木に登ります。 地上ではちょっとだけ俊敏になりますが、人間でも捕まえられるぐらいの速さしかありません。

草食でユーカリの葉のみを食べます。 ユーカリにはあまり栄養はないから、コアラはエネルギーを節約するためにあまり動きません。

繁殖と成長

胎生で春から夏にかけて毎月繁殖期を迎えます。妊娠すると1か月の妊娠期間を経て1子を産みます。 有袋類の子はとても未熟な状態で生まれ、出産直後は体長2cm、体重1g程度しかありません。

子は半年間は母親のポケットの中で育てられ、ポケットから出る時が近づくとパップを食べるようになります。 それから3か月ほど母親の背中で育ち、1年半ほどで独り立ちします。

2~3年で成熟し、寿命は15年ほどです。

他の記事

eyecatch

ブチハイエナ|実は優秀なハンター

eyecatch

コキンメフクロウ|金色の目を持つ小さなフクロウ

eyecatch

オウムガイ|4億年以上前から変わらぬ姿の生きた化石

eyecatch

エンマコオロギ|日本最大のコオロギ

eyecatch

ハクトウワシ|アメリカの国鳥

eyecatch

セアカゴケグモ|黒い体で背に赤い模様を持つ毒グモ

\share/

  • hatebu
  • line

HOME