かまぼこに板が付いている理由

kamaboko

かまぼこを買うと下に板が付いています。 張り付いていて切って剥がさなければならず、上手く切れないと身が板に残ったりしますよね。 率直に言って「邪魔だ」と思うこともあります。

しかしかまぼこ板が付いているのには理由があるのです。そう邪魔に思わないでください。

かまぼこに板が付いている理由

かまぼこの材料である魚のすり身は柔らかく崩れやすいです。 だから形を整えるために板の上に乗せて作られました。また持ち運びの際にも板付きの方が便利です。 しかし板の効用はかまぼこを格好良くするだけではありません。

板はかまぼこの余計な水分を吸収したり、水分が失われたかまぼこに水分を補給したりします。 かまぼこ板の力でかまぼこは長い間おいしさを保つことができるのです。

だからかまぼこ板は何でも良いという訳ではありません。 匂いや味に影響がないものを使うのは当然ですが、見た目がいいように白く節のない、かまぼこを美味しく保つ木を選ばなくてはなりません。モミやシラベなどの木が使われていますが、これはプラスチックなどで代用することはできません。

また高級品などは麦わらでかまぼこを包んだものがありますが、これも板と同じく保湿効果があります。 かまぼこの下部にのみ張り付いている板のみのものよりも、よりおいしくかまぼこの味を保ってくれるでしょう。

かまぼこ板はかまぼこの形を整え、持ち運びに便利、味を保つなどさまざまな役割を果たしているのです。 もっとも今日では制作・保存技術の発達により、板なしでも上等なかまぼこを作ることはできます。 しかし伝統と実用性の両面から、いまだに板付きのかまぼこが作られ続けているのです。

元々はちくわがかまぼこだった

tikuwa

平安時代にちくわが開発されたのですが、これは当時ガマの穂に似ていることから「かまぼこ」と呼ばれていました。 そして時は流れて安土桃山時代に板付きのかまぼこが開発され、かまぼこが2つになってしまいます。

それでちくわ(元祖かまぼこ)の名前を変えることになり、切り口が竹の輪に似ていることから元祖かまぼこは「竹輪(ちくわ)」と名前を変えたのです。

ちくわもかまぼこも原材料は魚のすり身で、蒸すとかまぼこ、焼くとちくわになります。 ちなみに揚げるとさつま揚げになります。

雑学王 HOME