儲からない農家や漁師の年収がなぜ高いか

farmer

職業を選ぶ要因に年収があります。 職業に貴賤なしとは言いますが、お金は沢山貰えるに越したことはないですからね。

高年収と言えば医者や弁護士ですが、誰でもなれる訳ではありません。 誰でもなれて沢山稼げる職業は・・・と探すと、農家や漁師の年収が割と良いことに気付きます。 しかしニュースなどでは従事者が右肩下がりと報道されています。仕事内容がきついからでしょうか?

答えは農家や漁師は儲からないからです。 年収が高いのに儲からないとはどういうことでしょうか?

本記事は年収がなんなのか分からない人に読んでもらいたい記事です。 当たり前の事ではあるんですが、社会人でも知らない人が稀にいるんですよね・・・

個人事業主は年収=所得ではない

money

問題。あなたはサラリーマンで、今年は会社から500万円の給料を貰いました。さて年収はいくらでしょう?
答えは500万円です。当たり前ですね。

問題。あなたは農家で、今年は農作物の売上が500万円で、種・肥料・農機具・トラクター・ガソリンなど仕入や経費は合計400万円でした。さて年収はいくらでしょう?
500-400=100万円でしょうか?いいえ違います。答えは500万円です。

年収とは1年に入ってきたお金のことです。 前述の例はどちらも500万円入ってきているので、年収は同じ500万円です。 しかし上記の農家の年収はあなたの中の「年収」という言葉の意味通りのものでしょうか?多分違いますよね。

年収から仕入や経費を引いた額を所得と言います。 サラリーマンは仕入や経費にお金がかからないので「年収=所得」となります。 対して個人事業主は「年収 – (仕入 + 経費) = 所得」になります。 同じ年収でも所得はまるで違いますよね。これが農家の年収は高いのに儲からない理由です。

いくら年収が高くても仕入や経費が相応にかかればお金は残りません。 農家は収入の半分以上が経費で消えると言われており、作物の出来が悪かったり値崩れしたりすると収支が赤字になることすらあります。 こういった経費がかかる職業を年収のみで見るのは無意味ですよね。

テレビでよく「漁師の年収はなんと○○万円!」なんて放送されることがありますが、あれも船・道具・エサ・人件費などの費用を考慮していない金額と思われます。 日本ではなぜか年収で一律に比較するためにおかしなことになるのです。比較すべきは所得ですよね。

なお個人事業主でも経費がほとんどかからない職業も存在します。 そのような形態であれば年収で比較する意味もあるんですけどね。 例えばITフリーランスは身一つで仕事をするため、経費がほとんどかかりません。

農家や漁師の中には儲かっている人もいます。 しかし政府資料によれば、いずれも所得は毎年減少傾向にあると発表されており、他の職業と比べると所得水準は低いです。 年収が高いからといって安易に選ぶと・・・どうなるかはもう分かりますよね。

雑学王 HOME