ハロウィン、クリスマス、バレンタインデーの本来の意味

whats-halloween-christmas-valentine

いつの間にやら日本の国民的行事となったハロウィン、クリスマス、バレンタインデー。 元々の意味もキリスト教国でない日本でやる意味もよく分かりませんが、とりあえず面白そうだから何でもやるってスタイルは嫌いではありません。

何にしても一応元の意味も知っておいた気分が乗るような気がしたのでまとめてみました。

ハロウィン

halloween

ハロウィンは10月末(31日)に行われるイベントです。仮装した子供が近所を回ってトリックorトリート(いたずらかお菓子か)と言ってお菓子をねだったり、皆で仮装して騒いだりします。そんなハロウィンは一体どんなイベントなのでしょうか。

ハロウィンは10月31日に行われる、古代ケルトの収穫祭を起源としたものと言われています。 秋の実りへの感謝と、先祖の慰霊をするイベントです。

ケルトでは11月1日を新年と定めて、年末は現世と冥界が繋がると考えていました。 そこで年末の10月31日にかがり火を焚き、先祖の霊が返ってくる目印とします。

しかしそれに紛れて悪霊も寄ってくるので追い返さなければなりません。 そこでお化けの仮装で悪霊を驚かせて追い払うのです。

キリスト教圏で盛んに行われるイベントではありますが、正式なものではありません。 ケルトの風習が長い時代をかけて広まりキリスト教と混ざった結果、今の形に落ち着いたようです。

なお子どもたちが仮装しておかしをねだるのは比較的最近できた風習のようです。 キリスト教のソウリングとハロウィンが混じった結果、このように変節したという見方もあります。

なので日本のバカ騒ぎもある意味で正しいハロウィンと言えるのかもしれません。 仮装してお菓子をねだったり騒いだりするお祭りの一種だと思っておけばいいでしょう。

クリスマス

christmas

クリスマスはキリストの誕生日である12月25日を祝う日です。 クリスマスは前日24日であるクリスマスイブから25日にかけてお祝いをします。

2日間あるのはキリスト教の下地であるユダヤ文化の影響です。 ユダヤ歴では一日は日没から始まるとされていて、祭日は前日の日没から始まります。 なのでクリスマスも24日の日没から始まり、25日の日没に終わります。

多くの国はクリスマスを家族で過ごす日と考え、七面鳥とクリスマスケーキを食べます。 日本ではなぜか恋人と過ごす日になっていますが、これは正月の捉え方が違うのが理由のように思います。

日本の正月は家族と一緒に過ごす慣習ですが、諸外国では友人や恋人と一緒に過ごすことが多いようです。 日本ではクリスマスのすぐ先の正月で家族と過ごすので、クリスマスは恋人と過ごすようになったのではないでしょうか。 つまりクリスマスと正月に対する認識が逆転している訳ですね。

七面鳥を食べるのはアメリカ発の風習で、感謝祭やクリスマスなどのお祝い事の際には縁起物としてよく食べられるそうです。 日本ではケンタッキーフライドチキンがよく食べられますが、これは日本に来た外国人がクリスマスに七面鳥が手に入らず代用品として食べたのが始まりです。 後はケンタッキー社のマーケティング戦略の賜物ですね。

クリスマスケーキは各国で定番のケーキが違い、日本では白いクリームにイチゴが乗ったケーキがよく食べられます。 ちなみにこのケーキが日本のクリスマスの定番となったのは、不二家がテレビCMで流した形式のものが広まったからだそうです。

クリスマスと言えばサンタクロースですが、これは聖ニコラウスの逸話に由来しています。
「ニコラウスは貧乏で娘の身売りを考えている家を哀れに思い、夜中にこっそり窓から金貨を投げ入れた。 それが偶然干してあった靴下の中に入り、そのおかげで娘を身売りせずにやり過ごすことができた。」という話で、これが形を変えて子供の靴下にプレゼントを入れるイベントとなったようです。

バレンタインデー

valentine

バレンタインデーは2月14日に恋人、友人、パートナー、日ごろお世話になっている人などにお菓子やプレゼントを贈るイベントです。

誰に何を送るかは国ごとに結構違いがあり、日本では主に夫婦・恋人・パートナーにチョコレートを贈る日となっています。 その形は国によって様々で、友人にお菓子を贈る日だったり、夫婦・恋人がデートする日だったり、花を贈る日だったりします。

バレンタインの起源はローマ時代にさかのぼります。 ローマ皇帝は「妻がいると戦意が鈍る」という理由で兵士の結婚を禁じていました。 それを哀れに思った司祭ヴァレンタインが内密に結婚式を挙げていましたが、やがて皇帝の耳に入ることになり2月14日に処刑されました。

そして時代は流れて200年後、ローマでは2月14日に「ルペルカリア祭」が開催されていました。 祭りでは未婚女性の名前の書いた紙が箱に入れられ、男性は紙を引いて書いてあった女性と祭りの間付き合えるというイベントがありました。

しかし風紀の乱れを憂いたローマ教皇は祭を廃止、女性の名前の代わりに聖人の名前を書き、1年間その聖人のように過ごすというイベントに書き換えました。 そしてこの祭りの守護聖人を200年前に処刑された司祭ヴァレンタインに定め、バレンタインデーとしたのです。

何だか現在のバレンタインデーは、ローマ教皇が書き換える前のものに先祖返りしているような気がしますね。

という訳でいつの間にか国民的イベントとなったハロウィン、クリスマス、バレンタインデーの話でした。 ケルトもローマもキリスト教もあまり関係のない日本ですが、まあ楽しそうだからやるって考えでもそれはそれでいいんじゃないでしょうか。

雑学王 HOME