上り電車と下り電車は何を上下している?

what-up-and-down-train

電車に乗ると「上り電車」「下り電車」と聞くことがあります。 しかし坂や山などを上ったり下ったりしている訳ではありません。

一体何を上下しているのかと言えば、東京(都市)へ向かう電車を「上り電車」、その逆を「下り電車」と言っているのです。

道の上り・下りとは

road

道路や鉄道などの日本の道には上り・下りの表現が使われます。

そもそも何が上で何が下なんだと言えば、首都が上で他が下です。 日本では江戸時代以前は京都なので昔は京都に行くことを「上京」と表現したりしました。 しかし明治以降は東京が首都となりましたので、今の「上京」は東京へ行くことを表します。

東京と京都を結ぶ東海道は、江戸時代までは京都方向が「上り」で東京方向が「下り」でした。
しかし首都が東京となった明治以降は東京方向が「上り」で京都方向が「下り」と逆になりました。

鉄道や道路の上り・下り

高速道路や国道は「起点」と「終点」を定め、起点に行くのが「上り」で終点行くのが「下り」です。 基本的に東京とを結ぶ道であれば東京を起点、そうでない道は大都市を起点として考えられます。

鉄道の東海道本線でしたら起点は東京駅で終点は神戸駅なので、東京駅行きが上りで神戸駅行きが下りとなります。 しかし山陰本線でしたら起点が神戸駅で終点は門司駅なので、神戸行きが上りで門司行きが下りとなります。

その他

他にも上方漫才・上方落語なんて言葉もあります。 これは関西圏の漫才・落語を表現する言葉ですが、この表現が使われだしたのはとうに首都が東京となっている昭和以降です。

それではなぜ関西圏を「上方」としたかと言えば、かつて京阪地方や畿内を上方と呼んでいたことに由来すると思われます。

インターンネットの上りと下りは意味が違う

adsl

ADSL回線などでは回線速度を「下り100Mbps、上り10Mbps」などのように上下に分けて表示していました。 しかしこれは別に田舎から都市に向かって回線が伸びている訳ではありません。
インターネットを上、利用者を下と見立てて、インターネットから情報を取るのを「下り」、自分がインターネットに情報を送るのを「上り」と表現しているのです。

例えばウェブサイトを閲覧する時はインターネットから情報を取って来ているので「下り」で、ファイルをアップロードする時はインターネットへ情報を送るので「上り」です。

現在主流となっている光ファイバーは上りも下りも同じ速度となり、上下別々に速度を書くのではなく「1000mbps」などと書かれるようになりました。 それではなぜADSLは上り下りで速度が違うのかと言えば、電話回線が送信できるデータ量の問題があります。

ADSL回線とはアナログの電話回線を使ってデータを送受信している回線であり、電話で使用しない周波数帯を利用してインターネットのデータ送受信を行っていました。 しかし間借りしているだけあって送受信できるデータ量が少なく、限られた回線幅でやりくりしなければなりません。

ADSLは上りと下りをほぼ同じ速度にすることも可能ですが、利用者はインターネットからデータを取得する「下り」を圧倒的に多く使用します。 だから下り速度を優先して回線幅を確保するので「下り100Mbps、上り10Mbps」のような速度差が発生する訳です。
ただし光回線でも回線の混雑や回線以外の要因によって上りと下りの速度差が発生します。

雑学王 HOME