マグロは常に泳いでないと窒息して死ぬ

tuna

「マグロやサメは泳ぎ続けないと死ぬ」というのはよく聞く話です。 しかし24時間休まず泳ぎ続けているのでしょうか?いったいなぜ?睡眠や休憩は?

マグロは24時間泳ぎ続けています。 なぜなら泳ぐことで呼吸をしているから、止まると窒息して死んでしまうのです。

マグロはなぜ泳ぎ続ける?

マグロは回遊魚と呼ばれる、常に泳ぎ続けている魚の一種です。 回遊魚は広い外洋を泳ぎ続けている、大柄な魚なのが特徴です。

外洋ではあまりエサが豊富でないため、エサを探して動き回らなければなりません。 大きな体で動き回るには大量の酸素が必要で、とてもエラ呼吸だけでは足りません。

そこでマグロは酸素を取り込むため、口を開けたまま泳いで海水中の酸素を取り込めるように出来ています。 これをラムジュート換水法と言います。なので水族館などでマグロを水槽に入れる時は、急いで移し替えないと酸素が足りずに死んでしまうのです。

マグロはエサを追いかけたり危険が迫った時には時速20km程度で泳ぎますが、 普段の速度は時速5km程度でゆっくり泳いでいます。 そして夜も泳ぎ続けてはいますが、日中よりもゆっくりした動きになります。 こうして動きながら休息していると考えられています。

泳ぎ続けて呼吸するついでに小魚などのエサも食べています。 外洋で少ないエサに巡り合うチャンスを最大限活かしている訳です。

他に泳ぎ続けている魚は何がいる?

shark

回遊魚に分類される魚の一部は、マグロと同じように常に泳ぎ続けて呼吸をしています。 具体的にはカツオ、ブリ、アジ、カジキ、サメなどが挙げられます。

しかし回遊魚だからと言って、全てが動き続けている訳でもありません。 例えば「サメは動き続けないと死ぬ」と言いますが、これは正解でもあり間違いでもあります。 サメには常に泳ぎ続けているものと、逆に普段はじっとして獲物を待ち伏せているものがいます。 前者は泳ぎ続けないと死ぬのに対し、後者は止まっても呼吸できます。

泳ぎ続けないと窒息する体は、広い外洋で泳ぎ続けるために進化した体なのです。

雑学王 HOME