日本最大の砂丘は鳥取砂丘ではなく青森県の猿ヶ森砂丘

tottori-sand-dunes

日本の砂丘と言われて最初に思いつくのは鳥取砂丘です。 数少ない鳥取の観光名所で、ラクダに、砂の美術館に、すなば珈琲なんてものもありますね。 というか鳥取県にあるものが砂丘以外分かりません。

でもその鳥取県民の心である鳥取砂丘、実は日本一の広さじゃないんです。 一番大きい砂丘は青森県にあるんです。

最大の砂丘は青森県にある猿ヶ森砂丘

sarugaoka-sand-dunes

鳥取砂丘は言わずと知れた鳥取県のランドマークであり、その広さは545ヘクタールと言われています。 しかし日本一の大きさではない!

日本一の砂丘は青森県の下北半島にある猿ヶ森砂丘です。下北半島にあるため下北砂丘とも呼ばれています。 その広さはなんと鳥取砂丘の約3倍、1500haもあります!

鳥取砂丘は全然日本一じゃないじゃないか!と思ったあなた。 それでも日本一なんですよ。何が日本一かといいますと・・・

鳥取砂丘は観光できる砂丘の中で広さ日本一

tottori-sand-dunes

鳥取砂丘は日本最大の「観光できる」砂丘という訳です。 猿ヶ森砂丘はその広い砂漠地帯を活かして防衛省の弾道試験場になっており、一般人は立ち入ることすらできず観光なんてできません。

対して鳥取砂丘は鳥取県が最も力を入れている観光スポットです。 鳥取のアクセスの中心である鳥取駅と鳥取砂丘コナン空港のどちらからもバスで20分と足を運びやすい位置にあります。

砂丘は小高い丘程度で1時間も回れば十分ではありますが、ラクダや馬車に乗って周遊させたり砂の美術館で砂のアートを魅せたりと、数少ない観光スポットで観光客を楽しませようとする姿勢には余念がありません。 かつて「日本で唯一スタバのない県」として名前をはせていましたが、それを逆手にとって「すなば珈琲」というギャグのような名前の店まで構えました。鳥取にはスタバはないけどすなばはある!(※今はスタバあります)

広さでは猿ヶ森砂丘に譲るかもしれませんが、おもてなしの心意気では負けません。 というか猿ヶ森砂丘はそもそも入れませんしね。

みなさんも鳥取に行ったら、ぜひ鳥取砂丘を見に行きましょう。 あれ、何の話でしたっけ?

そうそう、鳥取空港は平成27年に「鳥取砂丘コナン空港」に名前が変わりました。 コナンというのは漫画「名探偵コナン」のことで、鳥取にはコナンの作者・青山剛昌先生の記念館があります。 「鳥取に来たらここに行け!」というメッセージを空港名にぶっこんできたのは、日本広しといえど鳥取県ぐらいじゃないでしょうか。

雑学王 HOME