長距離トップランナーは100m当たりを18秒で走っている

marathon

冬は駅伝やマラソンなど長距離走の季節です。 長距離走は体を酷使するので、比較的体力の消耗を抑えられる冬に行われます。

長距離走はテレビでも中継されますが、よく歩道を全力疾走してランナーを追いかけたり、自転車でランナーと並走している人がいますよね。 ランナーは涼しい顔で走っていますが、並走している人はかなり本気で食いついているようにも見えます。

それもそのはず、長距離トップランナーは100m当たりを18秒で走っているのです。 運動が苦手な人などは100mで区切って全力疾走しても負けるぐらい早いのです。

長距離トップランナーの100m当たりの速さ

runner

陸上や競泳などでオリンピックに参加する場合、このタイムより遅い人は出れないよという「標準記録」というタイムが設定されています。 オリンピック男子マラソンの標準記録は2時間19分で、オリンピックに参加しているランナーはみんなこれを上回るタイムを出してレースに臨んでいます。

しかしフルマラソンが2時間19分と言われても、多くの人はどの程度速いんだかよく分からないですよね。 オリンピックなんだから凄いことは凄いんでしょうけど、フルマラソンを走ったことがなければピンとは来ません。 日本のフルマラソン完走者は1000人に2~3人しかいませんからね。

なので速さを実感するために、100m当たりをどれぐらいで走っているのかに換算しましょう。 100mならほとんどの人が走ったことがあるので分かりやすいですよね。

2時間19分を秒に直すと7200 + 1140 = 8340秒です。 フルマラソンの距離は42.195kmなので、421.95で割れば100m当たりのタイムが出ます。計算しますと・・・

8340 ÷ 421.95 = 19.765

つまり100mを19.765秒のペースで42.195kmを走り続ければ、オリンピックの標準記録ぐらいを出すことができるのです。 どうです?100mぐらいなら付いていけますが、これを2時間以上続けるのは無理ですね。

さて次はオリンピックで優勝争いに入るにはどれぐらいで走ればいいかを計算しましょう。 マラソンは季節・コース・天気・気温・状況などでによって優勝記録が変わりますが、ほとんどの大会優勝者が2時間05分を切って優勝しています。
なので2時間05分を基準とし、7200 + 300 = 7500秒で計算しましょう。

7500 ÷ 421.95 = 17.774

フルマラソンのタイムを15分縮めるには100m当たりのタイムを2秒も縮めなければならないのです。 100mを18秒以内でフルマラソンを走り続けていると考えれば、いかにトップランナーが凄いかが分かると思います。

ちなみに箱根駅伝の場合、傾斜の激しい山の上り下りを除いて区間記録を同様に計算しますと、100m当たり18秒ちょっとぐらいです。 距離はマラソンの半分程度ですが、ほぼオリンピックのフルマラソンと同じペースで走っているのです。

1km3分が一つの目安

run

駅伝やマラソンなどの長距離走のペースの目安に「1km3分」があります。 100m当たり18秒で走るペースで、これを上回ればハイペース、下回ればスローペースのように言われます。

学生時に体力測定で男子は1500m、女子は1000mを走らされていると思います。 1000mなら3分、1500mなら4分30秒ですね。体力測定の記録を思い出してみてください。どうです?勝てましたか?

足に自信があるなら、出せた人もちらほらいるタイムだと思います。 中学でもクラスに1人ぐらいはいてもおかしくないレベルで、男子陸上部の長距離レギュラーならほぼ全員切れる程度ではあります。 高校ならもっと速い人もいるでしょう。

しかしこの速さのまま10km、20km、40kmとなると無理を通り越して不可能ですよね。 1500mでも走った後は半死半生になるのに、フルマラソンならそれを更に27本です。あの世が見えます。

可能だと思った人はオリンピックを目指しましょう。

一般人にとってはマラソンの敷居は低い

citizen runner

ちなみに一般的な市民ランナーで記録に拘らないのであれば、フルマラソンはそこまで難易度は高くありません。 流石にずっと運動しない人がポッと出て完走できるほど低くもありませんけどね。

ビギナー向けの市民マラソンでは制限時間が6時間ぐらいに設定されているものが多く、大会によっては制限時間のないものもあります。 6時間かけて完走を目指す場合、100m当たりのタイムは51秒ともう走っているのか分からないぐらいのスピードになります。 体力と気力があってアクシデントがなければ十分に完走は可能です。

最近は健康のためジョギングをする人も増え、マラソン参加者も増加傾向にあります。 ジョギングのモチベーションとしてマラソン大会へ参加している訳です。

タイムを気にしない場合、10km走ることができればフルマラソンを完走できると言われています。 そして慣れればゆったり10km走ることは難しいことではありません。 つまりはフルマラソンも完走だけなら難しくないのです。

運動不足と健康のためのジョギングとマラソン、あなたもいかがでしょうか。

雑学王 HOME