歯と歯磨きの常識

tooth-wash

良い歯の状態を維持するには、しっかりした歯磨きが必要です。 しかし歯磨きはただガシガシとすればいいというものではありません。間違った歯磨きはむしろ歯をすり減らしてしまうこともあります。

健康な歯を維持するにはどうすればよいかを知りましょう。

口内の健康を維持する

Oral health

寝る前と起きた後はしっかり歯磨きをする

睡眠中は唾液の分泌が少なくなり、口内に雑菌が繁殖します。 もし歯磨きをしないまま寝たら、より酷いことになります。寝る前にしっかり歯磨きをしましょう。

起きた後の口内の状態は、1日で一番汚いです。 すぐにでも歯磨きしたいところですが、朝ごはん前に磨くのは二度手間です。 しかしそのまま朝食をとると口内の雑菌を体内に取り込んでしまいます。

だから起きたら軽くうがいだけしておきましょう。 歯磨きは朝食の後にすれば十分です。

だらだら物を食べない

物を食べている時、口内は酸性になります。 この酸は食べ物を溶かすためのものですが、歯にとっても良いものではありません。

食後30分ほどかけて口内の酸は唾液によって中和されます。 しかし物をだらだら食べ続けていては口内が常に酸性となり、歯も溶かされ続けます。 食事やおやつの時間を決め、メリハリを付けて食事をしましょう。

特に柑橘類や梅干し、オレンジジュースやコーラ、ワインをはじめとしたアルコール類などの酸性食品を食べた時は、意識して口内環境を中性に戻すよう心がけましょう。歯のホワイトニングのためにレモンを口に入れっぱなしにするなんて話がありますが、あれ歯にとって最悪です。

唾液の分泌を活発にする

唾液には口内環境を整える効果があります。 殺菌したり、歯を再石灰化したり、口臭を抑えたりと様々な役目があります。

逆に唾液の分泌量が減るいわゆる「ドライマウス」になると歯の健康バランスが一気に崩れます。 唾液を沢山出すように心がけましょう。

唾液は物を噛んだり舌を動かした時に分泌されます。 歯の裏をちょっと舐めるだけでも唾液が出るのが分かりますよね。 ご飯はよく噛んで食べ、暇な時にでも舌を動かしてみるのがいいでしょう。 歯磨きガムを噛むのもいいかもしれません。

また唾液はリラックスしている状態でよく分泌されます。 少し椅子に腰かけてゆっくりしたり、お風呂でぼーっとしてみたりなど生活の中でリラックスする時間を作りましょう。

虫歯を作らない

虫歯は一度できてしまうと、たとえ治療しても虫歯になりやすくなってしまいます。 歯と詰め物の間が虫歯になってしまったり、歯のかみ合わせが悪くなり周囲の歯にまで影響を及ぼしたりします。

最初の虫歯を作らない、作ってしまったとしてもなるべく軽い症状で抑えることが重要です。 中々自分では気づきにくいことなので、歯医者や歯科検診など定期的に確認してもらうことが大事です。

定期的な歯科検診を!

自分から定期健診には行かず、歯の痛みが酷くなってから歯医者へ向かう人が沢山います。 しかし歯が痛むほどの虫歯は大抵ひどい状態です。

それよりも3か月に一度など定期的に歯医者さんへ通い、口内環境を整えたり虫歯がないかチェックした方がいいでしょう。 かかるお金も虫歯を作って治療するよりは結果的に安く抑えることができます。

歯磨きのタイミングと方法

dentifrice

歯磨きは食後30分経ってから

歯磨きの目的は虫歯の原因となる菌と繁殖する原因となる糖などのカスを洗い流すことです。 なので歯磨きするタイミングは基本的に食後がいいでしょう。

雑菌が最も多い起床後は歯磨きすべきタイミングではありますが、すぐに朝食をとるから二度手間になります。 時間的にもそうずれはないでしょうから、朝食後に磨けばよいです。

しかし食後すぐに歯磨きをするのは酸で溶けかかっている歯を痛めることに繋がります。 また食後30分は歯が脱灰と再石灰化している時であり、この時間帯の歯磨きはむしろ再石灰化を阻害してしまいます。 なので歯磨きは食後30分時間を置いてしましょう。

就寝中は唾液の分泌が少なくなり口内に雑菌が繁殖するため、就寝前に歯を磨いておくべきです。 夕食後に歯を磨いてあとは何も食べないのが理想ですが、もしお菓子を食べたり糖分を含むジュースを飲んだりしたら再度歯磨きした方が良いでしょう。

食後に歯磨きといっても、学校・仕事や時間的な問題などで難しいこともあります。 そんな時にはうがいをしましょう。歯磨きには劣りますがしないよりは大分マシです。 歯磨きガムを食べるのもいいかもしれませんね。

フッ素を含んだ歯磨き粉を使う

フッ素にはむし歯になるのを抑えて、歯の再石灰化を促す作用があります。 イギリスなどでは国民の虫歯を抑えるために水道水にフッ素を含めているほどです。 歯磨き粉を選ぶ際にはフッ素が配合されているものを選びましょう。

あまり力を込めて磨かない

歯を磨くときに力を込めてガシガシ磨くと綺麗に磨ける気がしますがやめましょう。 磨けはするのですが、歯がすり減り歯茎が後退してしまいます。

綺麗な歯を保つことはできるかもしれませんが、歯抜けや知覚過敏に繋がります。 3分程度を目安に、なるべく優しく丁寧に全体を磨きましょう。

歯ブラシは毛先が開いてきたら交換しましょう。くたびれた歯ブラシでは奥まで磨くのが難しくなります。 また歯磨きだけでは歯と歯の間の歯垢を取るのは難しいので、歯間ブラシの併用がお勧めです。

歯磨き粉の成分を口内に残すことを心がける

歯磨きの後は当然うがいして口内の歯磨き粉を洗い流します。 しかし歯磨き粉の成分には虫歯の抑制成分が含まれているので、あまり洗い流さない方が良いのです。

歯ブラシは水で濡らさずに歯磨き粉を点けましょう。濡らすと泡立ってしまい、たくさん洗い流さないと気になってしまいます。

磨いた後は水を一杯だけ使って口内をゆすぎましょう。 ちょっと気持ち悪い気もしますが、まあ歯磨きガムを食べた後のような感じと思って下さい。

色々書きましたが、これぐらい気をつければ大分虫歯を減らすことができるのではないでしょうか。 歯が悪くなると食事を楽しむことが難しくなったり、健康に悪影響を及ぼしたりします。 加齢などにより健康な歯を維持することがだんだん難しくなっていきますが、正しい知識でなるべく長く健康な歯を残しましょう。

雑学王 HOME