東京タワーの材料に戦車が使われている

東京のランドマークとしてお馴染みの赤と白の東京タワー。 スカイツリーができた後も東京の活気のおかげか来場数はむしろ増えているようです。

その材料の一部に戦車が使われていることはご存知ですか?

東京タワーの展望台から上は戦車から作られている

東京タワーは昭和33年に完成した高さ333mの電波塔です。 胡散臭い偶然ですが、高さは関東一円に電波を送るのに必要な高さを検討した結果こうなったとのことですです。

どうせ作るなら世界一の高さのエッフェル塔を超えるタワーを作ろうという考えもあったようで、当時世界一の高さだったエッフェル塔の300mを超え、完成した1958年からオスタンキノ・タワーに世界一を譲るまでの9年の間、東京タワーは世界一の高さを持つ塔でした。
ちなみに2016年現在の世界一の高さの塔は東京スカイツリーです。

さてその東京タワーが作られ始めたのは1957年なのですが、その少し前に朝鮮戦争が起きました。 朝鮮半島の主権を巡っての韓国と北朝鮮の戦争で、韓国にはアメリカを中心とした国連軍、北朝鮮には中国・ソ連が付いて争い、民間人も含めると犠牲者は400~500万人にも上る激しい戦争でした。

その戦争にはアメリカ軍の戦車も参加していましたが、激しい戦火を潜り抜けた戦車はボロボロになったものも多くありました。 それらをアメリカ本土まで持って帰るのは割とコストがかかりますし、古くなってきたのでわざわざ持って帰るより新型戦車を作りたいというアメリカの思いがありました。

戦車装甲は戦車の砲撃を受け止められるほどに丈夫に作るので、とても質の良い鉄でできています。 スクラップとなっても溶かして使えば、建材としても優秀です。

良質な鋼材がなく鉄不足だった日本とアメリカの利害は一致し、日本はスクラップ戦車90台を建材として買い取ったのです。 中には碌に戦闘の機会がなかいまま日本に運ばれてきた戦車(M26パーシング)もあり、燃料や弾薬も装填されっぱなしだったようですよ。

そして戦車から作られた鉄骨は東京タワーの展望台から上の部分に使われることとなりました。 およそ1/3の高さ分が戦車から作られている計算になります。

平和利用と言えるような、勿体ない使い方してるような、政治の都合で無理やり使われているだけのような・・・ この話を聞いた感想は人によって様々なようですが、そんな経緯から東京タワーの材料に戦車が使われているのです。

余談ですが、東京タワーの赤白模様は航空法で定められた色を塗っています。 ある程度の高さを持つ建造物は、障害灯を日中に点灯するか、赤白のシマシマ模様を塗るかしなければならないと定められています。

割と高い建造物は赤白のシマシマ模様に塗られていることが多いですが、あれは航空法により定められた色なのです。 東京スカイツリーは日中に障害灯を点灯しているため、真っ白でも問題ないという訳です。

雑学王 HOME