アフィリエイトやyoutuberで生きていける目安は月間100万ビュー

youtuber

インターネットの普及によって、誰でも簡単にお小遣い稼ぎが可能になりました。 株やFXなどの「金融取引」、アンケートに答えて報酬を得る「モニターバイト」、安く手に入れたものを高く売る「せどり」、仲介サイトを介して仕事を受注する「クラウドソーシング」、サイトに広告を貼る「アフィリエイト」、youtubeに投稿した動画から広告報酬を得る「youtuber」など内容は様々です。

今回はアフィリエイトとyoutuberに絞ってお話をします。 「好きなことで、生きていく」とはyoutubeのキャッチフレーズですが、お金がなければ生きてはいけません。 それではどのぐらい人気になれば生きていけるのでしょうか?

これは報酬の形態によっても変わってくるため一概には言えませんが、アフィリエイトもyoutubeもおよそ月間100万ビューが必要です。
さて、あなたは好きなことで、生きていけそうですか?

お金の話

money

まずはyoutubeとアフィリエイトの一般的なビュー数と報酬額についてお話しましょう。
youtubeもアフィリエイトも広告は「Google AdSense」を掲載しているものとします。

「Google AdSense」とはGoogle社が提供するコンテンツ連動型広告配信サービスで、数ある広告配信サービスの中でも最も稼ぎの良い広告の一つと言われています。 自サイトであれば他の広告サービスを選択することもできますが、youtubeの場合は自動的にGoogle AdSenseを掲載することになります。

その報酬額は「1ビューにつき0.05~0.5円程度」です。 随分と開きがあるように見えると思いますが、ブレが大きいのはページや動画の性質によるからです。

そのページや動画を見て購買意欲が沸くような作りになっていた場合は広告をクリックする可能性が高く、ビュー数に対する報酬額も高くなります。 逆に広告に結びつくような作りになっていない場合、あまり単価は高くなりません。

とは言っても単価が0.5円なんてサイトや動画はまず存在せず、大抵の人は0.05~0.2円の間をさまよっています。 なのでこれを平均して基準単価を0.1円と考えます。

次に1か月生きていけるのにどれぐらい必要かを考えましょう。 中には「月1万あれば生きていける」なんて人もいるかもしれませんが、まあキリの良い10万円としておきましょう。
ビュー当たりの単価0.1円の広告で10万円稼ぐには、10 ÷ 0.1 = 100万ビュー/月という訳です。

ある程度知名度が上がれば個別に広告や宣伝を依頼されることもあるようですが、ここでは考慮しません。 そんな依頼が来る人なんて、100万ビュー/月よりも遥かに上のレベルでしょうからね。

「youtuberで、生きていく」には?

youtube

とにもかくにも月間100万再生を獲得するにはどうすればいいでしょう? 100万再生の動画を作れるなら月1本でも良いですが、まあ普通に考えれば無理です。

youtuberは毎日投稿をしている方が多いので、1日1本動画を上げる前提で考えてみましょう。 動画1本が3万ちょっと再生されれば100万再生/月に届きますね。

「3万再生の動画を毎日作る」、どうです?できそうですか?
もし「やれる」と思ったなら向いているかもしれませんね。でも大多数の人は無理です。 某有名youtuberは毎日動画を上げてしかも1000万再生されていますが、あんなのは例外中の例外です。

よしんば3万再生の動画を作れたとしても、それを量産させなければなりません。 生涯の仕事として見る場合、50年で2万本もの動画を作ることになります。 どうです続きそうですか?100本も作った頃にはネタは枯渇するでしょうし、そもそも50年後にyoutubeが存続しているか分かりませんね。

日本の2016年12月youtube登録チャンネルの再生数を確認した所、696チャンネルが100万再生を超えていました。 ※総チャンネル数は3984、チャンネル登録は必須ではありません。

ちなみに惜しくも届かなかった697番目はパーマ大佐のチャンネルでした。著作権で何かと騒がれた2017年1月は再生数ガッツリ上げそうですね。

なお複数人で運営しているチャンネルも多く、また中には道具を使ったり旅行したりと経費がかかるものもあります。 その場合は更に多くの再生数が必要となります。中々道は険しいようです。

「アフィリエイトで、生きていく」には?

website

youtubeは再生数やyoutuberの年収予想などが出ているので分かりやすいですが、ウェブサイトがどうなっているのかは外部からは中々確認できませんね。 なのでアクセス解析サイトであるsimilarwebを使ってアクセス数を調べて予想してみます。なおsimilarwebの精度は当たらずとも遠からず程度なので、まあ参考までに見てください。

日本で1番の月間アクセスを誇るのはGoogle.co.jpの16億PVです。 yahooやyoutubeと続いていき、1000番目に見られているサイトで300万PV/月、4000番で100万PV/月ぐらいあるようです。つまり上位4000サイトぐらいに入ればブログで飯を食う「ブログ飯」が現実的に見えてくる訳ですね。

あなたは何個サイトを知っているでしょうか?少なくとも4000サイトは知らないでしょう。 つまりあなたの知らないサイトでもブログ飯ができているのだから、何とかなりそうな気がしますよね?

しかし現実はそう甘くはありません。 「1日50PVあれば上位3割」なんて言われるように、多くのサイトは100万PV/月どころか1000PV/月がせいぜいなのです。

月間100万PVは個人サイトであれば破格のアクセス数で、到達点と言っても差し支えありません。 「有名ブロガー」としてテレビやメディアで取り上げられる人でも100万PV/月に届かないサイトもあり、努力だけでは到達できないレベルと言えます。

メディアの場合100万PVはザラと言って良い程度にはあります。 ただしそういったサイトは複数人で運営していたりコンテンツ売買による費用がかかったりと、単純に100万PVではやっていけないことが多いです。

「好きなことで、生きていく」には?

youtuberやアフィリエイトで「好きなことで、生きていく」のは可能か?と言われると、何とも言えません。 これは個々人の知名度、企画、トークや文章力、知識や経験などに大きく左右されるからです。

しかし「誰にでもできる」とはとても言えない領域です。 まあ誰にでもできるんなら皆やってるでしょうし、当たり前と言えば当たり前のことです。

それに月間100万ビューを達成したとしても、最低限生きていけるだけのお金しか入ってきません。 月収10万円なんて新入社員はおろかフリーターにも劣る収入です。それなら就職した方がずっと良いですよね。

それに毎日必ずサイト更新や動画アップロードをしなければならないと思ったら、いくら好きなことでも嫌になってきます。 本当の意味で好きなことで生きていける人は、稼げている中でも更に一握りなのではないでしょうか。

好きなことで生きていくのって、やっぱり難しいですね。

雑学王 HOME