緑茶も紅茶もウーロン茶もジャスミン茶も全部同じ茶葉からできる

ryokutya

世の中には緑茶、ジャスミン茶、ウーロン茶、紅茶、プーアル茶など色々なお茶があります。 これらは一口飲めば味や香りが違うことは分かりますよね。

実はこれらのお茶は全て同じ植物である「カメリアシネンシス」の葉から作られています。 同じ茶葉からこれだけ色々な違いができるのは不思議ですね。

お茶の違いは茶葉の発酵度合いの違い

camelliasinensis

世の中には色々なお茶がありますが、ツバキ科カメリアシネンシスの葉から作られているものがとても多いです。 例えば緑茶(玉露・煎茶・新茶・番茶・玄米茶・ほうじ茶・抹茶・宇治茶などなど)、ジャスミン茶、ウーロン茶、紅茶、プーアル茶は全てカメリアシネンシスの葉から作られています。

同じ茶葉から作られているのになぜ味や香りが違うのかと言うと、発酵の度合いが違うからです。 発酵させずにそのまま使えば緑茶となり、残りはどれだけ発酵させたかによってお茶の種類が変わります。

無発酵のカメリアシネンシスから作ったのが緑茶で、発酵を勧めるごとにジャスミン茶、ウーロン茶、紅茶、プーアル茶となります。 大体は色が濃いお茶ほど発酵が進んだ茶葉を使っています。

なおジャスミン茶は茶葉に花を混ぜて香り付けする「花茶」の一種であり、ジャスミンの花が加えられています。 そういった意味ではジャスミン茶は別物と言えるかもしれません。

ちなみに麦茶は名前の通り大麦を使ったお茶で、大麦の種子を煎じて作っています。 カメリアシネンシスが絶滅してしまっても残る数少ないお茶のひとつです。

同じ葉なのに色々な品種があるのはなぜ?

tea

カメリアシネンシスには大別して「中国種」と「アッサム種」の2種があります。 中国種は緑茶向きであり、日本で主に栽培されているのも中国種のカメリアシネンシスです。 対してアッサム種は紅茶向きで、インドや中国などで栽培が盛んです。

しかし〇茶と一口に言っても、色々な品種があります。 例えば紅茶であればアールグレイ、ダージリン、セイロンなど主要なものだけで10を超え、味もハッキリ違います。

これらは世界中で栽培されていますが産地ごとに育成環境・栽培方法・収穫時期・加工方法が違い、それが味や香りの違いとなります。 だから茶葉は産地ごとに名称が付けられていることが多いです。

紅茶であればダージリンは北インド、セイロンはスリランカなど地名がそのまま品種名となっているものが多いです。 日本で栽培している緑茶も宇治茶や静岡茶など地名が付いていますが丁度あんな感じです。

そんな訳でカメリアシネンシスから様々なお茶が作られているのです。 もしカメリアシネンシスが無くなってしまったら我々が常飲しているお茶がごっそり無くなることを考えると凄い植物ですね。

雑学王 HOME