スーツの袖のボタンは鼻水を拭わせないために付いた

スーツ

スーツをビシッと決めてる人は格好いいですよね。出来る人って感じがします。 ところでスーツと言えば、袖にボタン付いてますよね? これ一体何のために付いてるか知ってます?

腹のボタンが取れた時のスペアになるって? いやそれ使ったら袖のボタン取った痕が間抜けに見えません?

実はこれ、鼻水を袖でこすらないように付けたボタンなんです。 さらにスーツの袖にボタンを付けるのを考案したのは、あのナポレオンなんです。

何で袖で鼻水拭いてたの?

ナポレオン

ロシア遠征の際、フランス軍は厳しい寒さと戦っていました。 兵士たちは鼻水を拭きながら戦っていましたが、ティッシュもハンカチもありません。 仕方なく袖で拭いていましたが、おかげで袖はカピカピです。

みっともないから止めるように言っても一向に止めません。 まあ兵士としても鼻水を放っておく訳にもいきませんからね。凍ります。

そこでナポレオンは兵士の服の袖に金属のボタンを付けたのです。 このボタンが邪魔で袖で拭うことはしなくなりましたとさ。めでたしめでたし。

フランス軍はロシアにボロボロに負けた気もしますが、少なくともスーツの設計思想は残った訳ですね。

別にスーツにボタン付いてても内側で拭えるだろ、ウソ臭い・・・

***

ナポレオン説は有力な説の1つではあるんですが、まあ本当の所は定かではないんですよね。 それでは有力説をもう一つ。

ひと昔前はスーツは全てオーダーメイドでした。 そのスーツは袖口のボタンを外して袖口を広げ、まくり上げることができるように作られていました。 いわゆる「本切羽」や「ドクタースタイル」と呼ばれているものです。

当時はスーツを脱ぐのは失礼なことで、基本的に外では脱がないものでした。 しかしお医者さんが治療する際に袖が邪魔になるため、腕まくりできるように作られたのです。 だから「ドクタースタイル」という訳です。

それが大量生産の既製品販売が主流になってからは、袖の開閉部分が省略されるようになりました。 しかし名残としてボタンだけが残り、今やただの装飾品になってしまったという説です。

残ったボタンがやや間抜けな感じはありますが、こっちの方がなんとかくそれっぽいですね。

今でも本格的なスーツや有料オプションで本切羽にできるものもあります。 本切羽に身を包みつつこのウンチクを披露すれば、なんとなく優越感に浸れることでしょう。 相手に「あいつのスーツは何か違うぞ」と思わせることができるかもしれません。

皆さんも一度は本切羽のスーツで鼻水を拭ってみてください。え、違う?

雑学王 HOME