千手観音像の腕は多くが42本しかない

senjyukannon

手が沢山ある観音様の像と言えば千手観音像です。 その手の数はなんと千本・・・という訳ではないんですね。

観音像の手は42本なのですが、千手と呼ばれるのは理由があるのです。 本当に千手ある観音像もあるんですけどね。

本当に千手ある千手観音像

日本にある中で本当に手が千本ある千手観音像は3体です。 京都府・寿宝寺、奈良県・唐招提寺、大阪府・葛井寺にそれぞれ1体ずつあります。

唐招提寺の千手観音像は大脇手が42本に小脇手が911本の合わせて953本しかありませんが、本来は1000本あったと言われています。

元々千手観音は「千手千眼観世音菩薩」といい、千本の手を持ちその手のひらには目が付いていて、これは全ての民を救済する観音様の慈悲と力の広大さを表しているのです。

しかし一般的な千手観音には腕が42本しかありません。なぜ42本の腕で千手観音と呼ばれているのでしょうか。

一般的な千手観音の腕は42本なのになぜ千手なのか

一般的な千手観音は「十一面四十二臂」で、11の頭に42本の腕を持っています。 千手には遠く及びませんが、これを千手と言える深い理由があるのです。

千手観音の胸の前にある2本を除いた40本の腕は「三界二十五有」つまり25の世界を救うとされています。 25の世界を腕の1本が1回救って、それを40本でするから25×40=1000で千手観音という訳です。

・・・何だかとても胡散臭い理由ですね。 私の信仰心が足りないから「手を千本付けるの大変だから40本にしたんじゃないのか」と疑ってしまうのでしょうか。

千手観音像は当初腕が1000本作られていましたが、時代を下るにつれて2+40本腕のものが主流となります。 しかし元々は本当に1000本腕だったんだから、25の世界救済云々は後付けフォローとしか思えない・・・

疑問は残りますが、何はともあれそんなありがたく深い理由で千手観音像は腕が42本でも千手観音なのです。(迂遠な物言い)

雑学王 HOME