テスト前に部屋を掃除したくなる心理「セルフハンディキャッピング」

handicapping

テスト・大会・プレゼンなど、大事な行事が控えている際に、なんだか部屋を掃除したくなります。 普段は全く掃除なんてしないのに一体なぜ・・・?

それ、セルフハンディキャッピングって言うんです。 率直に言えば、失敗した時の言い訳づくりです。

セルフハンディキャッピングとは

study

我々は大切な物事の前に、その準備をせずにあえて関係のない別のことをすることがあります。 テストの前日に部屋を掃除したり、大会の前日に居酒屋で飲んだり、プレゼンの前日にゲームしたりと、あなたにも思い当たる節があるのではないでしょうか。

私は掃除が好きではなく、机の上に埃が積もっていてもあまり気にしません。 しかしテスト期間に限って異常に埃が気になり、机をピカピカに磨き上げていました。 更には散らかった部屋を整頓し、組み立て途中で投げたプラモを組み立て、積んでいたゲームをクリアし、徹夜して遊んで試験に臨むという訳の分からない行動に出たことがあります。

もちろん私に勉強しなくても良い点が取れるほどの頭はなく、また掃除・プラモ・ゲームをどうしてもやりたかった訳でもありません。 つまりやるべきことを放置して割とどうでもいいことをしていたのです。 この不合理極まりない行動は一体なんでしょう?

実はこれ心理学で「セルフハンディキャッピング」と呼ばれるものです。 事前にあえて自分に負のハンデを与えることで、「こんなハンデがあったのに成功するなんてすごい」「こんなハンデがあったんだから失敗しても仕方ない」と評価を上げたり言い訳にしたりするのです。

セルフハンディキャッピングには以下の2種類があります。

獲得的セルフハンディキャッピング

自分にわざわざハンデを負わせます。 テスト前の掃除やゲームなどがこれに当てはまります。

主張的セルフハンディキャッピング

自分にハンデがあることを周囲に主張します。 なお、ハンデを獲得せずに主張だけする人間も存在します。 「勉強してない」とか言いながら高得点獲る奴は怪しいですね。

なぜセルフハンディキャッピングが起こる?

heart

セルフハンディキャッピングはいささか格好悪いことに見えますが、自尊心を守るための合理的な行動なのです。

・テストが60点でした。残念。 → 勉強してないから60点でした。まあこんなもんでしょ。
・テストが90点でした。やったぜ。 → 勉強してないのに90点でした。俺すごい!

同じ点数なのに明らかに後者の方が評価が上がっています。 そりゃハンデがある分凄いに決まってますからね。自尊心を保つのに有効な手段である訳です。

もしあなたが強い人間であれば泥臭く努力できるかもしれませんが、大抵の人間はそんなに強くありません。 こういった汚い(?)性質を否定してバネにできるのならいいですが、それで自尊心を潰されてネガティブ思考に陥ってしまっては本末転倒です。 人間にはこういった側面もあると自覚しつつ、うまく自分の心をコントロールしましょう。

しかし変なハンデ付けて失敗するのはただのアホですし、また変な方向に暴走してしまうと、全く実力を伴わないのに自尊心だけ肥大して口だけ野郎になっちゃったりもします。 きっちり行動もコントロールしましょうね。

雑学王 HOME