サンドバッグに砂は入っていない

boxing

サンドバッグを叩いたことはありますか? 私は体験ツアーで叩いたり蹴ったりしたら、思った以上に固くて色々な所が痛くなりました。

元々は砂が入っているからサンドバッグと言われていましたが、現在は砂を詰めているサンドバッグはありません。 それどころかサンドバッグに砂を詰めていたのは日本だけで、サンドバッグと呼んでいるのも日本だけだったりします。

サンドバッグとは

sandbag

サンドバッグは打撃の練習と打撃部位の強化のために用いられます。 エクササイズやストレス解消に用いられることもあるそうですが、格闘技練習場以外で見かけることはあまりありません。

このサンドバッグ、素人が殴れば小指を痛め、蹴ればスネを痛めます。 しかし中身は意外なことに布・ウレタン・フェルト・スポンジ・水などの大して固くない素材が使われているのです。 種類によって固さ・重さ・中身が違いますが、固いものでも砂なんて入っていません。

砂よりも良い素材が見つかったからと思っているあなた、正解です。 もしサンドバッグに砂を詰めた場合、とんでもなく固く重いものに仕上がります。 工事現場などに使う土嚢をイメージして貰えばいいかもしれません。

そんな文字通りのサンドバッグを殴った場合、固すぎて打撃部位を痛めてしまいます。 更に殴っているうちにどんどん中身が固められ、最終的にコンクリート並みの固さになってしまいます。 こんなものを殴って練習していたら、拳が強くなる前に骨が砕けてしまいます。

そんな訳で現在のサンドバッグの中には砂は入っていません。 「現在の」というからには、現在ではないものには入っていたということですが・・・

昔のサンドバッグは中身が砂だった!?

sandbag

1921年に日本初のボクシングジム「日本拳闘倶楽部」が出来、そこから日本のボクシングは始まりました。 1930年代には様々なボクシング協会が立ち上がり、人気選手の年収は1億円(現代換算)を超えていたなど、ボクシング人気は驚異的なものでした。

しかしボクシング専門家から何もかもしっかり教えて貰ったという訳ではなく、始めは手探りの部分も多かったのです。 サンドバッグもその一つで、サンドバッグらしきものを叩いて練習するのは知っていたようですが、中に何を詰めているからは分からなかったようです。 それで中には「砂」を詰めて練習していたのです。

「サンドバッグ」と呼ばれているのも、当時中に砂を詰めていた名残です。 なお砂を詰めていたのは日本だけで、他の国はそんなことしていませんし、サンドバッグとも言いません。 英語では「パンチングバッグ(Punching bag)」と言い、サンドバッグと言ったら土嚢のことを指します。

当時のボクサーたちはあんな固いものを殴って拳を壊さなかったのでしょうか? 色々なことが精神論で片付けられていそうな時代ですし、当時のボクサー生命は長くはなかった気がします・・・

雑学王 HOME