同じ期待値でも利益か損失かで行動が変わる心理「プロスペクト理論」

investment

投資やギャンブルの格言に「借りた金でやれば必ず負ける」というものがあります。 しかし貯金だろうが借金だろうが期待値は同じはずなので、これで勝負が分かれると言われても納得できませんよね。

しかし実は同じ期待値の勝負でも、損か得かで行動を変えるようにできているのです。 これを説明したのを「プロスペクト理論」と言います。

プロスペクト理論とは

gambling

その昔「一つだけの質問による心理学」と呼ばれる実験が行われました。 まずその実験をなぞってみましょう。

実験1

あなたに以下の2つの選択肢が提示されました。

  1. 100万円を貰える
  2. コイン投げに勝てば200万円を貰え、負けると何も貰えない

あなたはどちらを選びますか?

実験2

あなたには「200万円の借金」があります。 そんなあなたに以下の2つの選択肢が提示されました。

  1. 負債を100万円減らしてくれる
  2. コイン投げに勝てば負債をゼロにしてもらえるが、負けるとそのまま

あなたはどちらを選びますか?

・・・

この2つの実験単純な利益と借金の減額いう違いはあれど、期待値はどれも同じ100万円で同じです。 それならばどちらを選ぶかは性格次第であり、一見すると実験1でも実験2でも堅実な人は1番を、ロマンを求める人は2番を選ぶように思えます。 しかしあなたは実験1と実験2で同じ選択をしたでしょうか?

過去行われた実験においては、実験1では1番を選択した人が圧倒的に多かったのですが、実験2では2番を選択した人が多くなりました。 同じ期待値のはずなのに一体なぜ選択が変わるのだと思いますか?

人間は利益を得られる場面では利益を得られないリスク回避を優先し、損失がある場面では損失を清算できないリスクを回避する傾向があるのです。これを「プロスペクト理論」と言います。

ギャンブルや投資に置き換えると、負債がない状態なら堅実に勝ち積み重ねる選択を好み、負けが込んでくると負債を全て清算できるような分の悪い大勝負に出るということですね。実際のところは「負けが込んだから一発逆転を狙う」なんてのは非合理的な選択でしかないのですが、実際はそんな選択をしてしまうというのがプロスペクト理論の言っていることなのです。「借りた金でやれば必ず負ける」と言われるのも、借金を清算できるほどの大勝負は勝率が低いからでしょう。

私自身も株取引で負けが込んだ時、投資額を倍に増やして損失を挽回しようとしたことがあります。 いわゆる「ナンピン買い」をした訳ですが、これは株取引ではやってはいけないことです。 その結果まとめて塩漬けになり、現在は上場廃止して簡単に取引できなくなりました。

このように借金や負けた金額を意識しての勝負は確実な勝ちを積み上げていく選択ができず、イチかバチかの大博打を打って破綻するという訳です。 例えば10万円の損失を出したとしたら、コツコツ負けを挽回するのではなく一気に10万円を清算できるような大勝負に出てようとする心理が働きます。 この選択は大抵が傷口を広げる結果となるでしょう。

中にはこういった損失を使ってはいけない金を使って埋めようとする人もいます。 旦那に内緒で投資に手を出していた妻がマイホームの購入資金に手を出したり、銀行員が顧客から預かった金をFX口座に突っ込んだりなどニュースになることもありますね。 これはリスクを清算しないリスクを回避した行動と言えますが、まあその後どうなったかは推して知るべしでしょうか。

ちなみに投資やギャンブルでベット額を上下させる時の基本は「勝てば増やし負ければ減らす」です。 こうすれば勝負の結果を大勝~小敗の間に留めることができます。 カジノであればモンテカルロ法やマーチンゲール法など確立された賭け方があるので、興味があれば調べてみてください。

プロスペクト理論で実証された人間心理はこの逆を行くので、感情のままに勝負すれば結果が小勝~大敗となってしまいます。 ギャンブルや投資などにはこういった心理が働くことをちゃんと認識し、熱くなって大勝負に出たりしないように心がけましょう。

雑学王 HOME