組織は無能で占められる理由「ピーターの法則」

Incompetence

組織に属して働くと、飲み会などでは上役の悪口で盛り上がることがあります。 「なんであんな奴が課長なんだ」とか「部長のくせに分かってなさすぎ」とか・・・

この批判が的を得ているのか的外れなのかはさておき、与えられた職務を完璧にこなせる人はそう多くありません。 なぜなら完璧にこなせる人は出世して上の職務を与えられ、最終的に完璧にこなせなくなる職務まで昇進してそこに落ち着くからです。

言い換えると人は無能になるまで出世します。 この法則を「ピーターの法則」と言います。

ピーターの法則とは

Position

ピーターの法則はローレンス・J・ピーターに提唱された社会学の法則で、およそ以下のような内容です。

  • 能力主義の階層社会では、人間は能力の極限まで出世する。したがって、有能な平(ひら)構成員は、無能な中間管理職になる。
  • 時が経つにつれて、人間はみな出世していく。無能な平構成員は、そのまま平構成員の地位に落ち着く。また、有能な平構成員は無能な中間管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は、無能な人間で埋め尽くされる。
  • その組織の仕事は、まだ出世の余地のある人間によって遂行される。

完全な能力主義で昇進を決める場合、現在の職務の成績が大きく考慮されます。 つまり優秀な人ほど早くその職務から早くいなくなり、無能な人は中々昇進することができません。 もし飛びぬけて有能な人がいた場合は、もっといい会社に転職するか、社長として無能になるまで会社を成長させます。

そしていずれは昇進できる限界点へと到達し、職務の差はあれ、みんな揃って無能になります。 そんな無能だらけで社会が回るのかと言えば、まあ回るんですよね。

さっきから無能無能言ってますが、別に無能が致命的な欠陥を抱えている訳ではありません。 職務をそれなりにしかこなすことしかできないので、周囲から突っ込まれる隙があるというだけです。 誰もがきっとそうでしょう。

しかしできれば上手いこと組織が回るに越したことはありません。 ピーターはそれに対する解決方法も提示しています。

ピーターの法則への対処方法

Solution

ピーターの法則にある「能力主義」を完全に遂行している企業は存在し得ませんし、実際の昇進には能力以外の適性も見られます。 完全にピーターの言う通りに組織が運営されている訳ではありません。

しかし笑い飛ばすことができるほど的外れな論理には見えないですよね。 組織に所属していればこのような流れを感じる人は少なからずいるはずです。

なるべくそんな組織にならないようにピーターが提示している解決方法を紹介します。

創造的無能を装う

例えば優秀な技術者が一生技術畑で生きていきたいと考えるも、次は管理職に昇進する段階まで来たとします。 普通に無難に過ごしていては、このまま管理職への昇進は堅いでしょう。

しかし普段から奇抜な行動やぶっ飛んだ発言が多ければ「技術者としては優秀でも管理職の適性はない」とされ、管理職への昇進は見送られます。このように自分の意に沿わない昇進をしないようにあえて部分的に無能を装うのが創造的無能なのです

「そんなことをするぐらいなら昇進を拒否すればいいのでは」と思うかもしれませんが、組織でそういった上からの下知に反する行動をとるのは、奇抜な行動をするよりも面倒なことに発展することが少なくないのです。

とは言っても会社があらかじめそのような道を用意してくれる場合もありますけどね。 管理職と専門職の2つから選択できる会社も少なくないと思います。 自分の希望が通る場所ではあえて創造的無能を装うことはないでしょう。

上の職務で能力を発揮できるように教育してから昇進させる

本来は上の職務に昇進させるべき人は上の職務で能力を発揮できる人であるべきですよね。 ただそれを計る方法が中々ないから現職務の成績で判断していますることが多いです。

こういった時にしっかり教育なり適性検査なりをすれば、無用な無能を増やさずに有能な人材を残すことができます。

階級システムを導入する

能力ではなく階級によって職務を分けるべきという考えです。 日本でも昔「士農工商」ってありましたよね。

これは有能な人材を有能なまま留めて置ける反面、上に無能が来ると自浄できずに組織運営が破綻してしまったりします。

・・・

まあこれらを導入したら全員が有能になって組織がメキメキ発展するのかと言えば、そんなことありませんでしたけどね。 だから未だにピーターの法則が叫ばれている訳ですし。

誰もが他者を糾弾できるほど完璧ではないですし、そんなもんだと思ってある程度は諦めて受け入れることが肝心なのかもしれませんね。

雑学王 HOME