お台場の名前の由来は大砲を置いた砲台場

odaiba

お台場は若者や家族の観光スポットとして有名です。 フジテレビ、アクアシティ、ガンダム、海浜公園など名所も数え切れません。

そのお台場ですが、実はペリーの黒船を撃退するために砲台を置いた「砲台場」が名前の由来なんです。

品川沖に作られた砲台場

1853年7月、アメリカ艦隊のペリー提督が日本にやってきて開国を要求しました。 やってきたのは旗艦・フリゲート艦ミシシッピ号が率いる4隻の艦隊です。

見たこともない蒸気船に幕府は大慌てしてましたが、検討するから待ってくれと翌年まで猶予を貰えることとなりました。 ペリーは大統領からの親書を渡して帰っていきます。

そうして猶予期間を得た幕府ですが大慌てです。 あんな艦隊が海から砲撃してきたら止める手段がありません。江戸の街はあっと言う間に火の海です。 このままでは不平等条約でも飲まざるを得ない・・・

そこで幕府は品川沖に11の人工島を作って、そこに砲台を作って迎え撃つ計画を立てます。 これは戦うためのものというより、自衛のため・戦う力があると知らしめるためのものでしょう。

しかし6つ目の人口島を作っていた1854年2月、再びペリーがやってきてしまいました。 しかも今度は旗艦サスケハナ号が率いる7隻の艦隊と数が増えています。まずい、まだ半分もできてないのに・・・!

しかし一応は功を奏したのか、ペリーは江戸に入ってこれず?に横浜沖から上陸することとなりました。 しかし結局は日米和親条約(別名・神奈川条約)が結ばれ、日本の鎖国体制は終わりを告げたのです。これ不平等条約で有名ですね。

砲台場のその後

ペリー艦隊との戦いにはならず、砲台場は当面の役目を終えて当初の11の砲台場を作る計画は中止となりました。 しかし既成の8つの台場は川越藩、会津藩、忍藩の三藩で分担して担当し、江戸湾の防衛として使うことになりました。

時代が明治になると砲台場は陸軍省の所轄に変わります。 そして1884年には東京の防衛を新たに東京湾要塞で担うこととなり、砲台場の役目は終わりつつありました。 8つあった砲台場は、徐々に埋め立てられたり撤去されてたりして数を減らします。

そして現在は東京に払い下げられた第三砲台場と第六砲台場の2つを残して全て撤去されました。 第三砲台場は台場公園となり、第六砲台場は現在立ち入り禁止です。

しかし砲台場として名前は残り、訛って「お台場」となったのです。 観光スポットとして大人気のお台場は、元々はペリーと戦う(戦力を見せる)ための場所だったという訳です。

雑学王 HOME