人間は体に金箔を塗っても窒息死はしない

girl

ひと昔前「祭りで体に金箔を塗った人が皮膚呼吸できずに窒息死した」など、皮膚呼吸を妨げたために死んだ話がまことしやかにささやかれていました。

でも皮膚呼吸できないと死ぬのなら長時間水に入っていただけで死んでしまうことになります。 よくよく考えるとおかしいですよね。そう、この話は有名なデマなのです。

人間の皮膚呼吸はごく少量で、止まっても問題ない

piero

多くの動物は皮膚や粘膜で呼吸するいわゆる「皮膚呼吸」を行っています。 カエルやトカゲなどは少なくない割合を皮膚呼吸で賄っており、ミミズやヒルなどは、全ての呼吸を皮膚呼吸で賄っています。 こういった動物が皮膚呼吸できなくなると死にます。

一方で人間の皮膚呼吸の割合はせいぜい1%ほどであり、皮膚が呼吸できない状態でも全く問題ありません。 皮膚呼吸のできない水中にいても、肺で呼吸していれば死にませんよね。

だから体中に金箔を塗っても窒息して死ぬことはありません。 この話はいわゆる都市伝説やデマの類です。

なぜこんな話が広まったのかと言えば、映画の影響が大きいと思われます。 往年の名作「007/ゴールドフィンガー」に登場する敵役のゴールドフィンガーは金を愛する男で、部下の女性が裏切った際、その報いとして体中に金粉を塗って皮膚呼吸を止めて殺すというぶっ飛んだ手法を使いました。 とても印象的なシーンですので、映画を見た方であれば記憶に残っているのではないでしょうか。

この話が歪んだり脚色されたりしながら広まった結果、様々なバリエーションの似た話が生まれました。 ちなみに私が聞いたのは「お祭りで全身に金箔を塗った女性が窒息死した」というものでした。他にもいくつかのパターンがあり、何度も似たような話を聞くうちに、人々はまるで実話であるかのように思うようになったのではないでしょうか。

そんな訳で、人の皮膚に金粉を塗っても死ぬようなことはありません。 皮膚呼吸の割合が多い動物に塗ればその限りではないかもしれませんけどね。

しかし体に金粉などを塗った場合は発汗や放熱が阻害され、体温調整がうまくいかずに熱射病になったり、肌トラブルが起きたりすることがあるようです。また塗料が毒性を持っていた場合、皮膚から吸収されて体に悪影響を及ぼすことも考えられます。

体に何かを塗りつけても窒息死はしませんが、肌パックなど専用に作られたものでない限りは美容や健康に良いものではないようです。 お祭りなどで仮装する際も、なるべく短時間に留めた方が無難かもしれませんね。

雑学王 HOME