養殖の無毒なフグを作れる

puffer-fish

毒がある食べ物と言えばフグです。 強力な毒・テトロトドキシンを持ち、うっかり食べると少量でも死に至ります。 その危険性から、専門の資格を持つ料理人しか料理できません。

でも実は養殖でなら無毒なフグを作れるみたいですよ。誰でも気兼ねなくフグを食べられる時代がくるかも・・・?

フグの恐るべき猛毒

poison

日本近海には数百種類ものフグがいて、種類ごとに毒を持っている部位が違います。 よく肝や内臓に毒があるといいますが、これも種類によりけりです。

サバフグのように全身無毒のものや、ドクサバフグのように全身猛毒でどこも食べることができないフグもいます。 ちなみにこの両者、名前が似ていることから察せるように姿形も似ていて、素人目には見分けが付きません。

しかもフグが持っている毒は猛毒の代表格テトロトドキシンです。 致死量はわずか1~2mgで、よく刑事ドラマなどに出てくる青酸カリの1000倍近い毒性を持っています。古代から現在まで、フグを食べて中毒死する人は後を絶たちません。

フグが毒を持つ仕組み

puffer-fish

フグは産まれた直後は毒を持っていません。 フグはフグ毒を自分で作るのでなく、外部から取り入れているのです。

フグは有毒なヒトデや貝などを食べて体内に毒を蓄積させます。 長く生きるほどに毒も蓄積され、強力になっていきます。

フグは毒のあるエサを食べて平気なのかと言うと、単純に非常に高い耐性を持っているので平気です。 あえて毒のあるエサを食べて、毒で己の身を守れるように進化したようです。

無毒なエサだけを与えて育てたフグは、天然フグに襲い掛かることがあります。 これは天然フグの持つ毒を己に取り込もうとしたための行動と考えられています。 より強い毒を持っている方がモテて繁殖に有利なんて話もありますね。

無毒なフグの作り方

puffer-fish

ここまでお話しすれば毒のないフグを作る方法は分かりますよね。 毒のあるエサから隔離して、ひたすら無毒なエサだけ与え続ければいいのです。 これにより佐賀県が無毒化したフグを作ることに成功しています。

でも今の所は無毒なフグでも、毒があると言われている部位を出すのは犯罪になります。 これは毒の有無が見た目では全く区別できないことが大きいです。 何かの間違いで有毒のフグが食卓に上がってしまうと、食べたら死にますからね。

全身無毒のフグを思いっきり食べられる日はくるのでしょか? 期待に胸を膨らませながら待ちましょう。フグだけにね。

雑学王 HOME