オランダに風車が多いのは国土を干拓した名残

netherlands-windmill

オランダと言えば何を思い浮かべますか? 風車、チューリップ、海の乞食団、オラニエ公ウィリアム・・・あ、これ某ゲームのやりすぎだわ。

オランダと言えば風車を思い浮かべる人が多いと思います。 巨大な羽がグルグル回っている姿が印象的です。この風車はオランダの歴史と切っては切れない関係があるのです。

海抜ゼロのオランダ

netherlands-windmill

オランダの国土は日本の1/9程度で、九州ほどの大きさしかありません。 そこに最盛期は1万基もの風車がありました。九州に置き換えると市町村ごとに100個はあったぐらいの数になります。 なぜこんなに沢山の風車があったのでしょうか。

オランダの国の語源である「ネーデルランド」は「低い土地」という意味で、文字通りオランダの海抜は大変低いです。 なんと国土の1/4は海面より下で、最も低い所は海抜-6.76mと、水が流れてきたら完全に海の底です。 こんなに海抜が低いのには理由があるのです。

世界は神が作ったが、オランダはオランダ人が作った

netherlands-windmill

11世紀頃のオランダは今の半分程度しか国土がありませんでした。 なぜ今は昔の倍の国土があるのかというと、オランダ人が数百年かけて干拓したからです。

オランダでは11世紀頃から干拓事業を始めました。 まず湖・海・湿地などの周囲を堤防で囲んで水門を作ります。 次に中の水を排水します。なんとか頑張って排水するのも手ですが、海が近ければ潮の満ち引きを利用することもできます。 満潮時に水門を閉め、干潮時には開けることでいずれ中の水が排水されます。 まあ手段は何にしても、とにかく堤防の中の水を抜けば干拓地「ポルダー」の完成です。

しかし水を抜き取った影響で地盤は沈み、周囲の水面より低くなって水が入ってきてしまいます。 干拓するのに排水、干拓地を保つのにまた排水と大変な作業です。

そこで1612年にベームスター干拓事業で登場したのが風車です。 風の力で勝手に排水してくれます。凄く便利!風車はオランダの干拓事業を加速させました。

こうしてオランダは風車の力で干拓地から排水して国土を広げ続けます。 しょっちゅう洪水に見舞われて順風満帆とはいきませんが、とにかく国土を広げます。

今もオランダは排水をし続けなければ国土が水びたしになりますが、排水の仕組みも近代化したため風車の数は減少しています。 今では風車の主な役割は、製粉と観光になっています。

そういう訳でオランダには沢山風車があるのです。今あるのはその名残ですけどね。 「世界は神が作ったが、オランダはオランダ人が作った」は重みのある名言ですね。 何かしら置き換えて使うと格好いいかもしれません。

雑学王 HOME