依存症になりやすい私の依存症対策

patience

私は率直に言って依存症になりやすい性格をしています。 何かひとつのことに熱中しやすい性質で、何かをやり出すと何時間も続けてしまいます。

それが人生にプラスになることならいくら続けても問題ありませんが、世の中そんなものばかりではありません。 スマホ、SNS、ゲーム、パチンコ、お酒、食べ物など過度な依存は危険なものが沢山ありますし、そういったものほど依存しやすいように出来ています。

実際私も依存するとまずいものに傾倒しかけることがよくあるのですが、「まずい止めよう」と思ったらきっちり止めています。 そんな私の依存症対策をお教えします。

依存症となった欲求を我慢するのは不毛

addiction

一旦依存症となってしまった習慣は、止めようと思っても我慢するのは中々難しいです。 依存症の我慢を例えるなら、絶えず船底に流れ込んでくる水を必死にかき出し続けているような状態です。 しかし我慢には限界があるため、いくら辛抱強く我慢してもいずれは欲求に飲み込まれて手を出してしまう訳です。

我慢を続けて依存症を克服できるなら大したものですが、それには相当な労力が必要です。 しかし船底から水が流れ込んできたらかき出すのも大事ですが、それよりも空いた穴を塞いで水が入ってこないようにする方が良いですよね。 という訳でもっと上手いやり方で依存症を治しましょう。

「する」と「し続ける」のどちらが大変かと言えば、当然ながら「し続ける」方が多くの労力を要します。 依存症の欲求は絶えず沸き続けるため、それを止めようと思うと我慢し続けなければなりません。 これは大変な労力が必要になります。

ならば「し続ける」ではなく「する」によって対処すれば幾分楽になると思いませんか? 具体的には依存症状に我慢できなくなったら「別のこと」をして気を逸らせばいいのです。

欲求を誤魔化して依存症を治す

motion

という訳で経験則的に依存症状は歯を食いしばって我慢するよりも、他の何かをして欲求を逸らした方が良いです。 私が調査と実践で組み上げた依存症対策をご紹介します。

我慢ではなく別のことをする

一旦依存症になったことを我慢するのは大変な労力です。 我慢しなきゃと思って必死に目を布団に包まっていても、欲求は絶えず沸き上がり続けていずれ誘惑に負けて手を出してしまいます。

そんな時には別のことをして欲求を塗り潰してしまいましょう。 運動など思いっきり体を動かすのが効果的です。私の場合はジョギングor筋トレすることにしています。

我慢できなくなったらジョギング1時間、また我慢できなくなったら腕立て100回、それでも我慢できなくなったら腹筋300回・・・いずれ消耗して欲求は立ち消え泥のように眠れることでしょう。

別のことを考える

強力な欲求が沸き起こった時、常に別のことをできる状況にあるとは限りません。 用事の真っ最中だったり、普段とは違う場所にいるかもしれないですからね。

そういう時には2分間別のことを考えましょう。別のことを考えるうちに欲求は大分落ち着くはずです。

これは気持ちを切り替える時のテクニックとしても有用です。 気持ちの切り替えが下手な人は、別のことを考えて気持ちを切り替える習慣を身に着けると良いでしょう。

2週間我慢する

人間は2週間同じことを続けるとそれが「習慣」となり脳と体が慣れると言われています。 だからまずは2週間我慢しましょう。2週間我慢したことは習慣となり、一生続けることができます。

時々フラッシュバックは起こるでしょうが、その欲求は我慢し始めの頃に比べればとても小さいものです。 そのぐらいの欲求なら、もう余裕でコントロールできるようになっているでしょう。

まとめ

以上を実践すれば、多少の依存症状ぐらいは自分で改善できるはずです。

人間の欲求はより良い人生を送るために必要不可欠なもので、抑圧するのは率直に言って不健康です。 しかし時々暴走して悪い方向に向いてしまう困りものでもあるので、上手にコントロールして正しい方向に向けるように心がけましょう。

これだけやって治せなければ、日常生活に深刻な影響を及ぼす前にお医者さんに相談しましょう。 自分で抱え込み過ぎずにさっさと白旗を上げて周囲に相談するのも立派な依存症対策なのです。

雑学王 HOME