イヌやウシなどには指紋ならぬ鼻紋がある

dog-muzzle-pattern

人は指の紋様が一人ひとり違い、たとえ双子でも指紋はそれぞれ別のものになります。 だから個体識別として使われ、契約書にサインする時は拇印といって指をハンコ替わりに押すこともあります。

指紋で個体識別できるのは人やゴリラなどの霊長類だけですが、イヌ・ネコ・ウシは指紋の代わりに鼻のシワで個体識別することができます。指紋ならぬ鼻紋という訳です。

鼻紋って何なの?

dog-muzzle-pattern

イヌ・ネコ・ウシなどは個体ごとに別々のシワを持っています。 これの鼻の紋様を鼻紋といいます。

イヌやネコは多産なため5つ子6つ子ぐらい当たり前ですが、それぞれが違う紋様を持っています。 たとえクローンで全く同じ遺伝子を持っていたとしても、鼻紋はそれぞれ違うそうです。

鼻紋は生涯変わらないので、子どもの頃に取っておけばそれを同一個体である証明として使えます。 個体識別と証明に便利で、日本では主にウシの戸籍として使われています。

鼻紋はどう使われているの?

ペットの個体認証として使われる鼻紋

日本ではあまり使われていませんが、海外ではペットの鼻紋を管理している団体があります。 鼻紋を登録していれば、照合すればどこの誰が飼っているペットか一目瞭然という訳です。

ペットの認証手段としてメジャーなのは住所付きドッグタグですが、これは首輪を無くしてしまうと分からなくなります。 行方不明になったペットが見つかったとしても、それが遠方だと飼い主が見つけるのも容易ではありません。 またペットの盗難などでに対してドッグタグは無力です。

マイクロチップを入れる方法も浸透しつつありますが、こちらもチップが壊れたり誘拐犯に抜かれる危険性もあります。 鼻紋認証がこれらより優れているという訳ではありませんが、管理団体さえあれば確実な面もあります。

もっとも日本では鼻紋管理団体がないので、ペットの鼻紋を取っても現状あまり意味がありませんが・・・

ウシの品質保証として使われる鼻紋

ウシはその品質を保証するために、血統書を作ります。 その血統を証明した個体を識別する方法として鼻紋が取られています。

全国和牛登録協会では、子牛が産まれると牛の鼻鏡にインクを塗って鼻紋を取り、「子牛登記証明書」に登録します。 これには鼻紋に加えて親3代の家系図と、この検査を担当した委員の名前まで書かれています。 霜降り肉は出来が血統に左右されると言われていて、先祖の肉質までも重要視されるのです。

これが和牛ブランドの品質と信頼に繋がっている訳です。

雑学王 HOME