マングースはハブをあまり襲わない

mongoose

ハブとマングースを戦わせるショーをご存知でしょうか? 2000年に動物愛護法によって禁止されて今は見れないのですが、それ以前は沖縄における代表的な興行でした。 今では戦いこそしませんが、マングースショーとして続けられています。

ショーではマングースがハブと戦って倒してしまうので、マングースは「ハブ殺し」としてのイメージが強いですよね。 でも沖縄にいる野生のマングースって、実はハブを襲うことは滅多にないんです。

沖縄の害獣ハブとマングース

mongoose

沖縄にいる代表的な危険生物と言えばハブです。 血清のなかった明治時代まではハブによる死亡事故が現在と比べ物にならないほど多く、ハブ被害は深刻な問題でした。 今日では血清が完備されていますが、それでも時々死亡事故が起こるぐらいです。

ハブは沖縄の生態系の中でもかなり上位にいる動物であり、これを積極的に狩ろうとする動物はいません。 犬や猫でも戦えば勝てるのですが、強力な毒牙で反撃されて怪我をするのでリスクが高いのです。 他に食べるものがある状況下であればわざわざ好んでリスクの高いハブを狩ろうとはしません。

そこでハブを捕食してくれるだろう動物を沖縄に輸入することになりました。 まずヘビの天敵として名高いイタチに白羽の矢が立ち、3000頭ものイタチを輸入して沖縄に放つも早々に全滅してしまいます。 原因ははっきりしないのですが想像以上に全滅が早かったので、恐らくハブを襲って逆にやられたのではないかと推測されています。

どうにかならんものかと考えたところ、インドにいるマングースに白羽の矢が立ちます。 マングースは当時ヘビの天敵であるイメージを持たれており、ネズミやハブを駆除してくれることを期待して沖縄に輸入されたのです。

そうしてやってきたマングースですが、ハブを襲うことはほとんどありませんでした。 マングースは肉食でヘビも獲物のひとつではありますが、他にも昆虫や動物を襲って食べており別段好んでヘビを襲うような習性は持っていなかったのです。

もちろんハブを襲って食べることもあり勝率もそれなりに高いようですが、逆にハブにやられて食べられることもあります。 余程食糧事情が悪ければともかく、普段そんな危険な相手をわざわざ狙わないですよね。

そんな訳で沖縄に輸入されたマングースは食べやすい動物を狙って食べました。 ニワトリやアヒルなどの家畜、ヤンバルクイナに代表される沖縄の固有動物を食べて繁殖し、肝心のハブの数は変わりません。 沖縄県民のアテは完全に外れたどころか、厄介な害獣が増えてしまう結果となったのでした。

今ではマングースは逆に沖縄固有の生態を見出す特定外来生物として目の敵にされており、根絶に向けた作戦が展開されています。 マングースから見ればたまったものではありませんね。

沖縄の自然が豊かなのはハブのおかげ

hubs

ハブは畑だろうが人家だろうがどこにでもいますが、主な生息地はやはり自然豊かな山の中です。 特に森林やヤブの中に多く、地上はもちろん樹上にもいるため迂闊に分け入ると噛まれて酷いことになります。

そんなハブを恐れてか、人々は積極的に森林にを切り開いて入植することはありませんでした。 近代であれば重機でも持ってくれば話は別なんでしょうが、小さい島の多い沖縄をそうまでして開発する理由はありませんからね。

おかげで沖縄の山林は人の手が入っていない場所が多く、豊かな生態系を保ち続けました。 もしハブがいなければ普通に開拓されて、今頃は人の街になっていた場所も多いことでしょう。

ハブは人から見れば恐ろしく厄介な害獣ですがそれ故に人を遠ざけているのです。 そんな訳でハブは人から沖縄の自然を守る救世主なのでした。

ちなみに鹿児島県の奄美大島では、島民がハブを保健所に持っていくと3000円で買い取ってくれます。 1日1匹捕まえるだけで生活できそうですが、商売としてはどうなんでしょうか。

雑学王 HOME