「IT」と「 ICT」、「 IOT」と「IoE」の意味と使い分け

it

「IT」という言葉は情報システム関連のものをサクッと表せる良い言葉ですが、最近は「ICT」やら「IOT」やら「IoE」やら、何だかよく分からない言葉が沢山言われるようになりました。IT業界外でも企画書やCMなどでこんな単語を見聞きすることがあるのではないでしょうか。

ただIT業界外の方がこれらの言うところを理解しているかは疑問ではあるのですが・・・というか業界人でも統一見解を持っているか怪しいものです。

まあ丁度良い機会なので、これらの意味と違いを見ていきましょう。 そうすれば「IoTを重視しています」と言われた時に「そういう事やってるんだ」と飲み込めるようになるでしょう。

ITとは

it

ITとは「Information Technology」の略で、直訳すると「情報技術」です。 噛み砕いて言うと「情報を活用する技術」であり、主にコンピュータやネットワークの作成・利用に関するもろもろ全般を指しています。

パソコンや携帯電話などの通信機器及びその周辺機器などのハードウェア、その中にあるソフトウェア、インターネットやイントラネットなどのネットワーク、通信や通信技術、セキュリティや情報処理、関連の技術・ノウハウ・サービスなど多くのものが「IT」としてひとまとめにされています。「IT」という言葉はかなり漠然としたものであり、明確にどこまでがと線引きするのは難しいです。コンピュータやネットワークに関連するもの全てがITぐらいの認識で問題ないと思います。

なお、よく「ITはInternet Technologyの略」と勘違いしている人がいますが、インターネットはITのごく一部でしかありません。 しかしあまり詳しくない人に「ITって何?」と聞かれた時、真面目に答えても相手が理解してくれない可能性が高く、そうした時に「インターネットの技術だよ」と説明すると理解を得られやすいので、厳密には違うと思いつつもそう説明してしまうことがあります・・・

ICTとは

ict

ICTとは「Information Communication Technology」の略で、直訳すると「情報通信技術」です。 ITにの真ん中にコミュニケーションをプラスした言葉です。

実はITとICTは同じ意味の言葉で、海外ではICTの呼称が一般的になっています。 それに合わせて日本も徐々にITという単語をICTにシフトさせているのですが・・・日本ではITも依然として残り続けて中途半端なことになっています。

あえて区別するのであれば、ITがIT関連技術の総称であるのに対し、ICTは「ITを使ったコミュニケーション関連技術」を指していることが多いイメージです。 単純なハードやソフトの技術だけではなく、人やモノをどのように繋げるかの発想・技術・活用方法といった面が強く出ています。

・・・まあ、ITとほぼ同じ意味と捉えておけば問題ないでしょう。 強いて言えばコミュニケーション的なフレーバーがある感じです。

IoTとは

iot

IoTとは「Internet of Things」の略で、直訳すると「モノのインターネット」です。 これはモノとインターネットを繫げる技術及びサービスです。

例えば電気ポットをインターネットに繫げ、その使用状況をインターネット経由で通知するサービスがあります。 これは遠隔地にいる高齢の両親などのポット使用状況を見て日々の暮らしが問題なく行われているかを確認する「安否確認サービス」として利用されています。

色々なモノをインターネットに繋げて新たな価値やサービスを生み出していこうというのがIoTです。

IoEとは

ioe

IoEとは「Internet of Everything」の略で、直訳すると「全てインターネット」です。 これは人や場所やモノなどの様々なデータをどんどんインターネットに蓄積し、うまいことマッチングさせて価値を生み出そうって動きです。 IoTがネットに繫ぐ対象を主にモノに絞っているのに対し、IoEはモノに限らないのが違いです。

現在もIoEが進んでいますが、更に進めばこんな未来もあり得るかもしれません。

「バイタルデータから血糖値の低下(=空腹)を感知しました。現在地周辺の飲食店候補及び、あなたの飲食履歴から判断した嗜好に合った店舗を表示します。しかし家計簿アプリの残金が心もとないので自炊を推奨します。最寄りのスーパー特売情報からおススメの料理のレシピを表示します。このメニューで良ければ炊飯を開始するので自炊ボタンを押してください。商品は15分後に自宅へ配送されます。」

これは行き過ぎている感が強いですが・・・でもこんな未来を否定しきれないのが怖いですね。 人と情報のマッチングサービスはどんどん進んでしますし、こんな話もそう遠くはない未来の話なのかもしれません。

以上、IT関連ワード4つの意味でした。 まあ分かったような気になったぐらいの理解ができていれば良いと思います。

雑学王 HOME