ハンバーガーやピザの原価の話はガセ。もしくは材料費の間違い

pizza

宅配ピザやハンバーガーなどは「原価は100円だけど1000円で売ってる」のような話があります。 しかしこれは原価の訳がない金額です。もしかしたら材料費(=原価のごく一部)の事を原価と言っているのかもしれませんけどね。

原価とは製品を制作するのにかかる諸費用を全て計上したものです。 調理担当者、店舗の賃貸料、光熱費などもひっくるめて原価となるので、そこまで定価と乖離するはずはないのです。

原価の噂話

mcdonalds

誰しも一度は「あのお店は原価100円のものを1000円で売ってる!」「3000円の宅配ピザの原価は150円!」などの類の話を聞いたことはあるかと思います。

原価の数倍の価格設定は当たり前、酷いものだと10倍以上乖離している話も聞きます。

「ドリンクはただで仕入れている!」とか「むしろコカ・コーラ社が金を払って置いて貰ってる」なんて話も聞いたことがありますね。 仮にこの話が本当ならドリンク会社の経営は成り立っているのでしょうか。クレジットカードの手数料か何かと勘違いしていないですかね。

もしかしたら商品の中のごく一部にはそのような原価に対して価格設定が凄まじく高いものが混じっているかもしれません。 しかし全体として見るとそんなに原価と乖離した価格設定はされていないことが分かります。 原価は決算資料を見れば書いているので確認してみましょう

決算資料の売上原価と噂話の原価の乖離

mcdonalds

それでは噂話を検証すべく、まずは決算資料を見てみましょう。 上場していないと公開されていませんが、まあドミノピザやマクドナルドでいいでしょう。

ドミノピザの決算公告(サイト下端)

日本マクドナルドの決算公告

本稿はドミノピザは「2016年6月期 決算公告(2016/09/30発表)」、マクドナルドは「第14期決算公告(平成28年3月31日)」を確認しています。

決算資料の2ページ目に「損益計算書」という表があります。 そこに書かれている「売上高」「売上原価」に注目してください。 売上高が「当期に売った全商品の総計」、売上原価が「全商品を作るのにかかった費用=原価」となります。

「売上高/売上原価」はドミノピザが「33,424,256/12,033,131(千円)」、マクドナルドが「189,473/189,447(百万円)」とありました。 つまりドミノピザの商品の原価は価格の1/3程度、マクドナルドの商品の原価は価格とほぼトントンという事です。

これは商品全部ひっくるめての計算になるので、中には原価比率の良い商品もあるでしょう。 しかし「3000円のピザの原価が150円」など、主力商品の原価が1割以下に設定されている話は無理筋ですね。 もしこれが本当ならどれだけ原価率悪いサイドメニュー売ってるんだよって話になります。

ついでに販管費の話もしましょう。 さきほどの売上-原価比較でドミノピザの原価は定価の1/3と言いました。 3000円が150円ほどではありませんが、それなりにぼったくっているように思える価格設定ですね。 では損益計算書の売上原価のすぐ下にある「販売費及び一般管理費」に注目してください。

これは「商品を売るのにどれだけかかったか」を示しており、ドミノピザはマクドナルドと比べると売上規模の割に多くの販管費がかかっています。 これは「宅配ピザ」という販売スタイルである故にかかる費用、つまり宣伝費(CM・チラシ)や配送料にかかる部分が大きいのが理由でしょう。

販管費まで勘定しますと売上高に対して残るお金はドミノピザが1/30ちょっと、マクドナルドなんて赤字です。 両社ともそんなアコギな価格設定はできていないことが分かりますね。なので「〇の原価は△円」のような噂話は大抵ガセです。

ただし噂話の言う原価は材料費のこと「だけ」を指している可能性はあります。 材料費とは原価の中の1つで、商品を直接構成する材料にかかった費用のみを計算したものです。 ハンバーガーならバンズ、ハンバーグ、レタス、トマト、ピクルス、包装紙、ドリンクカップなどが材料費にあたります。

原価には調理担当者の人件費、店舗の賃貸料、光熱費、設備や道具の減価償却費など、商品を作るのに必要だった全ての費用が勘定されます。 また原価を安く抑えられても、損益には商品を販売・管理するのにかかる販管費も勘定しなければなりません。

それらを全てひっくるめても利益が出せる価格を設定しなければならないので、材料費は価格と比べるととても安いです。 ただ消費者としては安い材料から出来たものを高く買うことになるので、これをバカバカしく思うのなら自炊しましょうとなる訳ですね。

そういやソフトウェアやウェブサイトなんて材料費ほぼ0円ですね。 ハンバーガーやピザに倣って「ソフトウェアの原価は0円!」って噂話を流行らせられないでしょうか。・・・流行りそうにないですね。

雑学王 HOME