オシドリの夫婦仲が良いのは一時だけ

mandarin-duck-couple

よく仲がいい夫婦のことを「オシドリ夫婦」って言いますよね。 この言葉はオシドリの夫婦がいつも仲睦まじくしていることから生まれました。

でもそのオシドリの夫婦、実はそんなに仲良くないみたいですよ・・・?

オシドリ夫婦の実態

mandarin-duck-couple

オシドリはカモの一種で、アジアに広く生息しています。 もちろん日本にもいて、夏は北方・冬は南方で生活しています。 繁殖期のオスは鮮やかな色をしているので見分けやすいです。

さてオシドリの夫婦ですが、繁殖期を迎えてカップルになるとメスが卵を産んで温めます。 オスはこの間ずっとメスの側にいて、他のオスや外敵から守ります。 この姿はまさにオシドリ夫婦と言うにふさわしいでしょう。

しかしオシドリ夫婦でいる期間はそう長くありません。 卵からヒナが孵ると、オスは役目は終わったとばかりに去ってしまいます。 夫婦仲は解消されて子育てはメスだけで行い、翌年は別の個体が夫婦となります。

これは厳しい自然で生き残るための習性ですので、オシドリとしてはいいのでしょう。 しかし人間に当てはめると「出産後に旦那が浮気して出て行った夫婦」のことのように聞こえますね。

なぜ間違った言葉が生まれたか

なぜオシドリ夫婦=仲睦まじい夫婦となってしまったのでしょうか。 まあ単純に抱卵中のメスに寄り添って生きるオスの姿を見て出来ただけなのかもしれません。

「捜神記」が由来?

mandarin-duck-couple

中国4世紀頃の書物「捜神記」にこんな話があります。 暴君・康王によって韓憑は妻を奪われた上に無実の罪を着せられ自殺、妻もその後を追いました。 妻は遺書に「夫と同じ墓に埋めて欲しい」と書いてましたが、康王は向かい合った2つの墓に2人を入れて「そんなに愛し合っているなら2つの墓を1つにしてみろ」と言い放ちます。そこにオシドリの夫婦が現れ、墓の上で日夜物悲しく鳴き続けたのです。

オシドリは夫婦の生まれ変わりと噂され、そこから「鴛鴦の契」という言葉ができました。 いわゆる「オシドリ夫婦」のことです。この話が日本に伝わり広まったのかもしれませんね。

雑学王 HOME