恋と愛のメカニズム

love

愛しのあの人の事を考えるだけで胸がどきどきして、話せただけで幸せを感じる・・・それ恋ですね。 「この人が運命の人、一生一緒に添い遂げよう」と思うかもしれませんが、実はそれ3年で冷めるんですよ。 だから冷めるまでに頑張って愛を育んでください。

恋とか愛とか聞くとスピリチュアルな話に聞こえますが、ちゃんとメカニズムがあるのです。

恋のメカニズム

lovers

恋をすると脳内でフェニルエチルアミンが分泌されます。 フェニルエチルアミンはやる気を活性化させ、気持ちが昂る効果があります。 抗うつ剤などにも使用される物質で、その効果は絶大です。

さてそのフェニルエチルアミンですが、時間と共に分泌量が落ちていきます。 かつては一緒に話すだけでドキドキ、手が触れたら心臓が爆発しそうだったのに、3年も経つといつの間にやら何も感じなくなってしまいます。不思議ですね。

恋愛も結婚もそうですが、付き合い始めて日が浅いうちは上手くいきます。 何時間でも一緒にいたい、相手のためなら何だってしてあげたいと思います。 しかしこの感情はフェニルエチルアミンが引き起こしているものなのです。

時間が経つとともにフェニルエチルアミンの分泌量は減り、恋も冷めていってしまいます。 「恋は盲目」「あばたもえくぼ」なんて言葉がありますが、恋によって見えなかった相手の欠点が徐々に見えるようになります。 真の試練は3年目以降にやってくるのです。

その頃には別の誰かに恋してしまう恐れがあります。 恋は麻薬です。冷静に比較すれば今の相手の方が良かったとしても、あのドキドキと高揚感は今の相手からは得られないのです。 そうして破局し、次の恋が始まるという訳です。だから恋が終わる前に愛を育まなければなりません。

愛のメカニズム

family

愛はオキシトシンという信頼のホルモンによるものです。 信頼できるパートナー・気心の知れた仲間・可愛いペットなどと一緒にいたりスキンシップしたりする際に分泌されます。 幸せを感じる・リラックスするなどの効果があり、要は一緒にいることで安心できる・癒される関係ということです。

どうすればそのような関係を築けるかは、基本的に努力あるのみです。 恋の効果があるうちに互いの歴史を積み重ね、信頼に昇華できるように努めてください。 そうすればお互いに信頼し合えるパートナーとなり、長年円満で関係を続けることができるでしょう。

しかしどれだけ円満に見える夫婦でも、うまくいかなくなる事はあるものです。 お互いの考えていることが理解できなくなったり、信頼感がなくなったり、相手を尊敬できなくなったり・・・ こういった時も上手く対処できれば信頼関係は取り戻すことができます。

互いを尊重し、相手のことを理解するように努めてみてください。 そうすれば自ずと良い関係を築けると思います。

雑学王 HOME