働きアリの2割は働かない

ant

勤労の象徴と言えば働きアリです。せっせか働くことを「働きアリのように働く」とも表現します。 でも実際は働きアリの2~3割は働いていないみたいですよ。

働きアリの法則

ants

働きアリを100匹集めて観察してみると、そのうち2割はよく働き、6割は普通に働き、2割はサボります。
このうちよく働くアリだけを集めて見ると、やっぱり2割はよく働き、6割は普通に働き、2割はサボります。
逆にサボるアリだけを集めてみても、やっぱり2割はよく働き、6割は普通に働き、2割はサボります。

どんなアリでチームを編成しても、大体この割合でよく働いたりサボったりしてしまうのです。 これを「働きアリの法則」といいます。

人も働きアリの法則の例外ではない

team

会社の各チームからよく働く社員を集めて選抜チームを結成しました。 その選抜チームは他に比べて高い実績を上げましたが、全員がよく働いた訳ではありませんでした。 平均的な能力や仕事意識は他のチームに比べて高いものの、やっぱり内訳をみると2割はよく働き、6割は普通に働き、2割はサボっています。

働きアリの法則は人間にも適用されるのです。 真面目で優秀な学生を集めたはずの進学校でも落ちこぼれが出たり、スポーツで全員エースのオールスターチームを作っても思ったほど上手く機能しなかったりと、様々な例があります。

これは「反応閾値」の違いによって起きる現象と考えられています。 何か課題が発生した場合、まずチームで最も意識の高いメンバーが課題を片付けようとします。 課題が大きかった場合や他の課題が発生した場合には、順次意識の低いメンバーも課題に取り掛かります。

これは全体で考えるとある意味で合理的な動きではあります。 小さい課題にも常に全員が全力で取り組もうとすると、全員が同じように疲れてしまいます。 また少人数でこなせるような課題に全員が取り掛かるのは非効率的です。

つまり働かないアリは予備人員として役に立っているのです。 一見すると不要な存在ですが、集団を存続させるには必要な役割なのです。

ただし集団に必要な存在とは言っても、働かないアリの印象はあまりよくありません。 もし貴方が働かないアリになってしまっている場合、反応閾値を上げて積極的に課題をこなすか、いっそ集団を変わる・抜けてみるのも手かもしれません。

雑学王 HOME