「イギリス」と「イングランド」の違い

igirisu

イギリスは言わずと知れた欧州の代表的な国です。 今の影響力は超大国に一歩劣るものの、かつては世界の1/4を支配していたこともある列強国です。

そのイギリスですが、スポーツなどの大会であまり見かけませんよね。 探してみるとイングランドが出場していてコイツがイギリスなのかと思いきや、ウェールズやらスコットランドやらも一緒に出ていて事情を知らないと混乱します。

今回はイギリスとイングランドの違いについてお話しします。

イギリスは1つの国ではなく、4つの国の連合王国

National flag

イギリスは正式名称を「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」と言います。 具体的にはイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4国です。

イギリス国旗もそれを象徴するかのように、ウェールズを除いた3国を足したデザインがされています。 ウェールズが国旗に含まれない理由は先にイングランドに組み込まれていたのと、特徴的なウェールズ国旗のデザインが組み合わせにくいことによるものです。

グレートブリテンは島の名前で、その中にイングランド、スコットランド、ウェールズの3国があります。 そこに北アイルランドを加えた「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」が「イギリス」という訳です。 ちなみに北アイルランドの南にあるアイルランドは別の国です。

4つ合わせて一つの国なので国名は「イギリス」です。 国連会議やオリンピックなど国として出る場合は「イギリス」として出てきます。

しかしサッカーやラグビーなどのスポーツなどでは、参加資格が国ではない場合があります。 例えばサッカーの場合、FIFAの参加資格は「国またはそれに準ずる地域」で、イギリスを構成する4国は「国に準ずる地域」としてそれぞれがサッカー協会を持っています。 だからワールドカップに出てくる時はイギリスではなく「イングランド」「スコットランド」「ウェールズ」「北アイルランド」の4つがそれぞれ別に出てくるのです。

4つも出てきてずるいと見るか、わざわざ力を4つに分散していると見るかはお任せします。 少し事情は違いますが、中国・香港・台湾の関係が近からずとも遠からずといった感じです。

イングランドの事をイギリスと言っているけど?

日本ではイングランド単体をイギリスと呼んだり、イングランドおよびウェールズをイギリスと呼んだりすることがあります。 この辺が無茶苦茶なのは明治時代に「イングランド」と「イギリス」を聞き間違えたのが発端と言われています。

イングランドはイギリスの首都ロンドンがあり、連合国の中心的な存在です。 しかしイングランドはイギリスではなく、あくまで4国が連合してイギリスとなります。 もっと言うとそもそもイギリスという呼び方自体がどこから来たのか分からないおかしなものなのですが、この辺は混乱してくるので考えません。

ちなみに日本ではイギリス人の事を「ブリティッシュ」と言う事がありますが、この表現はグレートブリテン島に住む人を指すもので北アイルランド人は含まれません。 また「イングリッシュ」はイングランド人のことを指す言葉です。「イギリス人」と言いたい時には「Englishman」を使いましょう。

雑学王 HOME