ガムとチョコレートを一緒に食べると溶ける

***

ガムやチョコレートは好きですか? どちらもお菓子の代表格とも言える存在で、子どもから大人まで大人気です。

そういえばガムとチョコレートを一緒に食べたことはありますか? 一度やってみてください。あれ?ガムが口の中から消えた?

ガムが溶ける理由

***

ガムを長い間噛んでいると味のしないゴムのようなものが残ります。 これを「ガムベース」と言います。

ガムベースはそれだけ噛んでいる状態ならまず溶けません。 ガムベースは水に溶けにくく、いくら噛んでもほとんどそのまま残ります。 しかし何かと一緒に食べるとかなり怪しくなります。キーワードは「油分」です。

ガムは油で溶ける

ガムベースは油溶性です。油の中に入れれば簡単に溶けてしまいます。 チョコレートとガムを一緒に食べるとガムが溶けるのはチョコに含まれる油のせいだったのです。

他にも油の多い食べ物を一緒に食べるとガムは溶けてしまいます。 チョコレートは思いっきり溶ける代表格ですが、クッキーなどのバター菓子や、ポテトチップスなどの油分の多いスナック菓子などでも少しずつ溶かすことができます。

より直接的な手段として、直接サラダ油などの油そのものを付けることでガムを強力に溶かすことができます。 ガムがこびりついてはがれなくなったら、油を付けると簡単に剥がれてくれますよ。

ガムを飲み込んだけど大丈夫!?

***

ガムの成分は消化吸収できないのでそのまま出てきます。 これはそのまま飲み込んだのも、チョコと一緒に食べて溶けてしまったのを飲み込んだのも変わりありません。

しかし健康被害はないにしろ異物であることは変わりないので、1つ2つならともかく大量に飲み込むのはあまり良くないかもしれませんね。最悪どこかに詰まってしまうことも考えられます。

ガムを食べた後はきちんと紙に包んで捨てましょう。

雑学王 HOME