山の合目の決め方は適当で、10合目が山頂でない山もある

mt.fuji

山には合目が設定されており、大体の山は1合目から10合目までが設定されています。 大よその山は感覚的に大体等間隔で、5合目まで来ればあと半分、9合目まで登ればもう少しで頂上です。

でも中には合目がかなり適当だったり、10合目が山頂じゃない山もあるんです。

富士山の合目と標高

goume

富士山には登山ルートが4つ設定されています。その一つ吉田ルートから登ったことはありますか? 山梨県側から登る、最も人気の高いルートです。

標高850m地点がスタートとなるのですが、登山口からいつまでたっても1合目が見えてきませんよね。 遊歩道で大した登りはありませんが、1時間経っても見える気配がありません。

「この登山道には合目を設定していないのかな」とか「5合目ぐらいまではイチイチ書いてないのかな」とか考えながら登っていると、忘れた頃に1合目が出てきます。 1合目の標高はなんと1420m!で、登山口から2時間半ほど登った場所にあります。 これを見れば「ええ、まだ1合目なの!?」となるでしょう。時間的にも標高的にも計算が合いません。

そう思ったら2合目3合目には1時間もかからずにたどり着きます。 吉田ルートの5合目の標高は2305mで、そこまでに全工程の2/3が含まれています。

ちなみに御殿場ルート5合目の標高は1440mにあり、吉田ルートの1合目とほぼ同じ標高で位置的にもそこまで遠くありません。うーん・・・

さて、更に登っていくと7合目や8合目が沢山あります。 登山ルートにもよりますが「新7合目」の次に「元祖7合目」があったり、「8合目」があったと思ったら「本8合目」があったり、8合目を名乗る山小屋が乱立してどこまで行っても8合目だったりします。

昔決めたものだったり、新しく決めたものだったり、昔7.n合目だったものを全部8合目にしたり、静岡県と山梨県の対抗意識が入り混じって山小屋の合目がリナンバされたりした結果、訳の分からん合目乱立状態になりました。

この乱立状態の合目を理解して目印にしながら登れるのは、何度も富士登山経験のある合目の要らない人だけだと思いますね。 もっと良い感じにリナンバして欲しいです。

合目って何なの?

Climber

富士山の合目が無茶苦茶なのは分かったと思いますが、そもそも合目って何なんでしょうか? 標高?距離?登山の難易度?

明確な答えはないんです。合目が付けられたのは富士山が起源で、一説には「提灯を灯しながら登って油が一合切れる所を合目とした」だとか「酒を一升担いで登って途中一合ずつ飲んだ場所」とか言われています。登山者の疲れから算定して設定するなんて話もあり、その位適当に作られた基準なのです。

会津磐梯山は5合目が山頂だし、恵那山は20合目が山頂です。付け直せよ!

という訳で合目は適当に付けられたのもなので、あまり当てにせず適当に見ておきましょうという話でした。 でも10合目が山頂になってない山と、合目が乱立してる富士山は流石に何とかして欲しいです・・・

雑学王 HOME