オリンピックの金メダルは純金ではなく銀メダルを金メッキしたもの

goldmedal

オリンピックで優勝したものにのみ贈られる、最高の栄誉である金メダル。 その黄金色の輝きはまさに優勝者にふさわしいものでしょう。

でもその金メダル、実は金メッキなんですよ。

金メダルの基準

オリンピックの金メダルは開催国が用意することになっています。 そして金メダルは五輪憲章で以下の要件を満たさなければならないと定められています。

つまり金メダルは銀メダルに6gほど金メッキしたものってことなんです。

しかし金メダルの中身は銀メダルでなければいけませんが、金メッキは6g以上なら認めれれています。 開催国が太っ腹だと、規定より多めに金を使ってくれたりするみたいですね。

金メダルのお値段は?

さてメダルは開催国が用意すると前述しましたが、一体いくつ用意しなければならないでしょう? オリンピック種目によって微妙に変わりますが、金・銀・銅各メダルがおよそ300個ずつ必要です。

6gの金メッキでも300個に塗ると1.8kg。 金1kgの値段を今調べたところおよそ450万と出てきたので、素材費だけで800万ですか・・・。

仮に全てのメダルを金で用意すると・・・ 銀メダルが500gちょっとだから金メダルを同じ大きさで作ると1kgになるとして、1個450万が300個で・・・13億5000万!? こりゃ純金で用意するのは無茶ですね。それにオリンピックの度に金の価格が高騰し続けてヤバいことになりそうです。

そんな事情からか純金ではなく、銀メダルに金メッキしたものを金メダルとしているんですね。 ちなみに金メダルの金属としての値段を計算してみましょう。 今調べた相場を切りよく丸めて、金4500円/g、銀65円/gで計算します。 4500 × 6 + 500 × 65 = 約6万円ってところですかね。これなら300個作っても1800万で何とかなりそうです。

ちなみに金メダルをオークションに出す人もちらほらいて、価格は結構バラつきがあります。 まあどんな競技でどの選手のものかで価値も変わりますので、当然と言えば当然ですか。

例えば女子自転車・エリカ・サルミャーエ選手の金メダルは2個で790万と高いのか安いのかよく分からない価格帯で売れています。 そして男子陸上・ジェシー・オーエンスの金メダルは、なんと1億5000万・・・! もっともこちらはチャリティーオークションなのでご祝儀的な意味もあるでしょうが、それにしても凄い。

そんな訳で「金メダルの価値は決して素材の値段で決まるんじゃないんだよ」と適当な綺麗ごとでまとめたいと思います。 もし私が金メダリストなら100万でも売りますね!

雑学王 HOME