果汁100%を超える果汁200%の液体が存在する

straight-juice

飲料のステータスの一つに「果汁〇%」があります。 どれだけの果汁が含まれているかの目安であり、高ければ高いほど何だかありがたい気分になります。 果汁100%ジュースとか実際値段も高いですからね。

果汁100%ともなれば果物を絞り汁で全て作られているイメージですよね。 しかし果汁100%を超えた果汁200%やそれ以上のジュース(というか液体)もあるんですよ。 一体どういうことでしょうね。

ストレートと濃縮還元

concentrated-juice

ジュースには「ストレート」と「濃縮還元」という分類があります。

ストレートはその名の通り果物などの絞り汁を加熱・消毒してそのままジュースにしたものです。 砂糖やはちみつを入れることもありますが、まあおよそストレートです。

対して濃縮還元は輸送や保存のためにある程度水分を飛ばしてコンパクトにして、実際に飲む時に水を足して調整したものです。 ジュースはほぼ水分なので運ぶのは楽ではありません。ペットボトル6本入りの箱とかでも運ぶの大変ですよね。

これが企業ともなると規模が大きくなり、数千・数万リットルもの飲料を運ばなくてはなりません。 輸送にかかるコストも当然それなりにかかります。

そこで「水分を飛ばして目的地まで運び、後から飛ばした分の水分を足す」手法によって配送コストを抑える手法があります。 例えば1万kgの飲料を運ぶ場合、50%の水分を飛ばしてしまえば重さは5000kgも軽くなります。

さて問題です。果汁100%のジュースから50%の水分を飛ばすと果汁は何%になるでしょう?
正解は果汁200%です。これが果汁100%超の液体の正体です。 これを販売する前に飛ばした分の水分を継ぎ足して戻せば、濃縮還元の果汁100%ジュースの完成という訳です。

この果汁100%超の液体は主に業務用として販売されており、出す時はカルピスのように水で希釈して提供します。 中には焼酎やカクテルを制作するものとして、一般に販売されているものもありますね。

そんな訳で「果汁100%超えの液体は濃縮還元ジュースの元」というお話でした。

さて、こんなやり方では「水分を飛ばす過程で品質や栄養がダメになってしまうのでは?」と疑問に思うのではないでしょうか。 次は濃縮還元によってどうなるかをお話します。

濃縮還元のデメリットは風味が落ちるぐらい

vegetable-juice

濃縮還元ジュースは作る過程で水分を飛ばす=長時間の加熱処理がされるため、風味が落ちるデメリットがあります。 しかしストレートと濃縮還元の違いはその程度です。

よく言われる話に「加熱処理をするから栄養が減少してしまう」というものがありますが、確かに熱に弱いビタミンCや食物繊維は減少していまいます。 しかしストレートだって加熱殺菌処理がされているので、成分は言うほど変わりません。 本当に生絞りしたものをそのまま出したものでもない限りはあまり関係ないでしょう。

また加熱されてもほぼ影響のない栄養素も沢山ありますし、ベータカロチンやリコピンなどむしろ加工された方が吸収率の良い栄養もあります。 私はカゴメの野菜ジュースを飲んで口内炎が消えたので、割とこの辺の話を信用しています。

少しそれますが、一口に野菜ジュースと言っても殆ど栄養のないただの甘いジュースのようなものからドロドロで不味いけど栄養は沢山入っているのものまで様々です。 野菜ジュースを買うときは口当たりの良いものではなく、きっちり栄養が含まれているものを買うべきでしょう。

雑学王 HOME