タラバガニはカニではなくやどかりの仲間

tarabagani

冬の味覚といえばカニです。ズワイガニ、タラバガニ、毛ガニと値は張りますが絶品です。 でもそういえばタラバガニって他に比べて足が少ないですよね? ズワイガニや毛ガニは足が10本なのに、タラバガニは8本しかありません。

足が少ないからという訳ではありませんが、タラバガニって他と比べて特殊ですよね。 実はこのタラバガニ、カニではなくヤドカリの仲間なんですよ。

ヤドカリ下目タラバガニ科タラバガニ属

yadokari

カニは普通、エビ目カニ下目に属しています。しかしタラバガニはエビ目ヤドカリ下目の生き物です。

つまりタラバガニは、カニではなくヤドカリの仲間です。まあカニもヤドカリも近しい関係ではあるんですけどね。

しかしエビ目は別名・十脚目とも言います。 ヤドカリの仲間と言えど十脚目。足は10本あるはずですが・・・

実はタラバガニにも足は10本あるんです。 ただしエラの掃除をするための足なので、とても小さく食用にはは向かないのです。 だからお店でタラバガニの足を頼むと8本しか出てこないんですね。

カニ足を注文する時は、タラバガニだと2本少ないことは覚えておきましょう。

カニと言えば特徴はカニ歩き。横にしか動けないことで知られています。 でもタラバガニは縦方向にも移動できるんですよ。やっぱり普通のカニとは違うんですね。

雑学王 HOME