粉ものに混じったダニでアレルギーに!パンケーキシンドロームとは

pancake

関西人はお好み焼きが大好きで、おかずにオヤツにとお好み焼きを作ります。 しかしそんなある日、知人がお好み焼きを食ってアレルギーを起こしました。

今まで平気だったのにアレルギーになるなんて何があったのかと思えば、原因はお好み焼きの材料ではありませんでした。 なんとお好み焼きの粉に紛れ込んでいたダニでアレルギーになったとのことです。

聞いた時には「どんだけ粉をぞんざいに扱っていたんだよ」と思ったものですが、調べてみるときっちり管理しても中々防げないもののだそうです。 世界的にありふれたケースであり、パンケーキシンドロームという名前まで付いているようですよ。

パンケーキシンドロームとは

tick

パンケーキシンドロームとは、小麦粉やホットケーキミックス、お好み焼き粉などの粉に紛れた「ダニ」の死骸やフンで起きるアレルギー症状のことです。 名前の由来はパンケーキでアレルギー症状になったことからですが、ダニもただの小麦粉よりもホットケーキミックスやお好み焼き粉など味付きのものに惹かれるみたいです。

ダニは少量口に入れたぐらいならアレルギー反応を起こすほどではありませんが、問題は袋の中で生活・繁殖することです。 豊富なエサがあるのでどんどん数を増やし、やがては人が食べて問題が起きるほどの量のフンや死骸を作ってしまいます。 死骸やフンでアレルギー反応が起きるので、加熱調理しても原因を取り除くことはできません。

袋を密封していれば大丈夫だと思うかもしれませんが、ダニの体長は0.5mmほどで肉眼ではほとんど見えず、ほんの少し閉めそこなっていれば侵入されてしまいます。 また密封されていても袋の入口辺りに付いた粉を食べて生活していることもあり、次に袋を開けた時に中に落ちて中で繁殖を始めることもあるようです。

そして大量のダニの入った食べ物を口に入れ、アナフィラキシーショックを起こしてしまう訳です。 同じものを食べた時に大人は大丈夫でも子どもにアレルギー反応が出てしまうなんてこともあるようですね。 流石に命にまで関わることは多くはありませんが、重いと入院が必要な症状が出ることもあります。

それにお好み焼きやパンケーキが怖くて食べられなくなったら困りますよね。 そうならないようにしっかり対策を行いましょう。

パンケーキシンドロームを防ぐには

refrigerator

ダニは目に見えないほどに小さいため、いくら気を付けていても何かの拍子に入ってしまう可能性は否定できません。 袋の中に入らないように対策することは困難極まります。

しかしダニを袋の中に入れないのはパンケーキシンドロームを防ぐための手段であって目的ではありません。 他にパンケーキシンドロームを防ぐ手立てがあれば、ダニの侵入防止にこだわる必要はありませんよね。

こういう時は苦労して侵入を防ぐよりも、うっかり侵入されても問題にならない方に切り替えましょう。 ダニが入っても数匹ならアレルギーが起きるほどの量にはなりません。 つまり中で繁殖させなければ良いのです。

しかし粉の袋入ったはエサが豊富な環境であり、ダニがいくら増えても飢え死にするようなことはありません。 それに人が口にするものなので殺虫剤は使えません。一体どうすれば・・・

答えは簡単、粉の保存場所を冷蔵庫か冷凍庫にしましょう。 ダニは25℃前後が最も活動する温度であり、そんな所に粉を置いていたら大繁殖してしまいます。

しかし熱や冷気にはそれほど強くありません。 50℃で1時間、または15℃で1日置いておけば繁殖はもちろん生存すらできません。 ダニは特に寒さに弱く、冬なら外気に晒しておくだけで簡単に駆除できます。

なので粉を冷蔵庫か冷凍庫に放り込んでおきましょう。 そうすれば例えダニが入り込んでも活動できずにすぐに死んでしまいます。 これで安心して粉モノを食べられますね。

雑学王 HOME