能力も経験もない方が自己評価が高い「ダニング・クルーガー効果」

A naked king

誰もが一度は「自分は大成できる」「自分の方がうまくやれる」と考えたことがあると思います。 何の経験もない分野で自分が取り立てて優れた能力を持っていなくとも、なぜか「自分はうまくやれる」と思ってしまいます。

例えば私は中学生の頃「大人はバカばかり、これなら中学生の自分の方がうまくやれるのではないか」と思ったことがあります。 しかし当時よりは幾分マシになったおっさんの今、中学生の頃に「バカな大人」と見ていた人々をバカとは思いませんし、代わりが務まるとも思いません。 (ごく一部の例外はありますが)

つまり成長した現在の方が中学生時代よりも自己評価が低くなっています。 成長したのに自己評価が下がるのはおかしいと思いますか?

「何の能力も経験もない人の方が自信が高い」のは一見矛盾した事のように見えますが、普通の人間が持ちうる心理なのです。 「根拠のない自信」という言葉がありますが、むしろ「根拠がないから自信がある」と言った方が正確かもしれません。 これを「ダニング・クルーガー効果」と言います。

ダニング・クルーガー効果とは

dunning-kruger-effect

ダニング・クルーガー効果とは、経験のない未熟で能力の低い人間の方が自己を高く評価することを表したものです。 勉強・仕事・スポーツ・芸術・政治・プログラミング・ゲーム・容姿・性格・コミュニケーション能力・トークスキル・印象・子育て・女子力など、とにかく何にでも当てはまります。

この錯覚はどんな能力が必要かすらよく分からない無知なものに対してほど起きやすいです。 例えば野球に対してであれば、「スポーツ未経験者>サッカー経験者>ソフトボール経験者」と野球に関する能力が低いほど起きやすいです。 しかし野球に関する能力は「ソフトボール経験者>サッカー経験者>スポーツ未経験者」と真逆ですよね。

野球と言うとメジャー過ぎて未経験者でも錯覚し難いですかね?じゃあカーリングならどうでしょうか。 何となく自分にもできそう・秘められた能力がありそう気がしませんか?実際は真っすぐ投げるのも結構難しいんですけどね。

自分の知らない分野の事は、どのような能力がどれだけ要求されるのか全くわかりません。 つまりは自分の立ち位置も、他人とどれだけ能力に開きがあるのかも理解できません。なので自分の能力を錯覚して過大評価してしまうという訳です。
以上がダニング・クルーガー効果の話です。

そして意気揚々とチャレンジしてみると自分に秘められた才能なんてものはなく、それどころかまともな処理能力すらないことに気付かされます。 やる前は高い位置にあった根拠のない自信が底まで落ちてしまう訳ですね。

しかしある程度経験を積むと、自信はまたジワジワと伸びてきます。 これは経験に応じて能力が向上していくからです。そしてやがては能力相応の自信を持つようになるという訳です。

Graph

貴方を含めた誰もが根拠のない自信を持ち、中には能力のないまま自信満々に語る人もいます。 その人の話を聞くときは、その自信が能力に裏打ちされたものなのか、はたまた無知による根拠のない自信なのかは冷静に見るべきでしょう。

根拠のない自信は悪いことではない

Unfounded self-confidence

「根拠のない自信」は悪い言葉のように聞こえますが、決してその限りではありません。 根拠のない自信がなければチャレンジ精神が失われますし、モチベーションや成長の面でも自信がある状態で取り組んだ方が良いです。 だから根拠のない自信は人として成長するために必要なものなのです。

しかしその一方で根拠のない自信がネガティブに働くこともあります。 根拠がない自信のまま周囲を見下すのは滑稽でしかありませんし、また経験によって自信が失われることを恐れてチャレンジをためらう人もいます。

つまり「根拠のない自信」は上手く使えば薬に、下手に使えば毒になるということです。 「根拠のない自信」を「根拠のある自信」にうまいこと変えていけるようにしましょう。

雑学王 HOME