自転車も飲酒運転で捕まる。酒気帯び運転はOK

bicycle

飲酒運転は法律で厳しく罰せられます。 運転者だけではなく、お酒を勧めた人や同乗者も罪に問われます。飲酒運転、ダメ、絶対。

「私は飲酒運転しない。だから居酒屋で飲むときは自転車を使ってる」だって? 実は飲酒運転って自転車もダメなんですよ。

なぜ自転車が飲酒運転になるの?

beer

自転車は道路交通法で「軽車両」と定められています。 軽車両とは原動機を持たない車両のことで、軽車両も基本的に車両と同じように道路交通法を守らなければなりません。

しかし実は飲酒したら絶対に自転車を運転できない訳でもありません。 飲酒運転は「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」の2つに分けられ、血中のアルコール濃度によって区分されます。

軽車両は酒気帯び運転に限っては罪に問われないので、軽く引っかける程度ならセーフの可能性もあります。 とは言っても血中アルコール濃度は同じ酒量でも個人によって変わりますし、ビール一杯飲めば酒酔い運転になる可能性は十分ありますけどね。

自転車が飲酒運転で捕まったって話はあまり聞かないけど?

軽車両の飲酒運転は悪質性が低いと見られているからか、自動車ほど積極的に取り締まられている訳ではないようです。 しかし少ないながらも逮捕者はいますし、また大阪府警が自転車の飲酒検問を実施したこともあります。

近年、自転車対歩行者の事故が増えており、自転車利用者の意識向上が求められています。 滅多に捕まることはないと高を括って注意を怠らないように気を付けましょう。

軽車両って他に何があるの?

santa

軽車両は自転車の他にも、台車・荷車・リヤカー・そり・馬・馬車など沢山あります。 つまりサンタさんが真冬のクリスマスに酒を飲みながらプレゼントを配ると飲酒運転で捕まってしまいます。

荷車やリアカーなんて車両にすら思えませんが、軽車両なのでやはり飲酒運転は違法です。 ご近所にリアカーでお土産を配って、その時にちょいとお酒を振る舞われ飲み過ぎるとアウトです。

これらは当然違法行為ではありますが・・・現実的にはあまり捕まらない気がしますね。 まずサンタさんはこんな人日本にいないので捕まえようがないでしょう。いたら捕まるかもしれませんが。 そしてリアカーはよほど危険だと判断されれば警告・あるいは逮捕もあるかもしれませんが、小型のリアカーを多少酔っぱらって運転しても見逃される気もします。

警察は法に則って犯罪者を取り締まりますが、なんでもかんでも捕まえられるほどの余裕はありません。 また法が何が何でも絶対に正しいという事でもないので、時代や世論、個人の裁量によって対応も微妙に変わったりします。 この辺は難しい問題ですね。

雑学王 HOME