イルカの祖先は地上で生活していた

dolphin

水族館やイルカウォッチングで大人気のイルカ。 知能が高く人とのコミュニケーションも取れるため、触れ合える動物として大人気です。

仲良くしたいのに海にいるから気軽に会えない。ああ、その辺にいればいいのに!と思った貴方。 そのイルカ、大昔の祖先は陸にいたみたいですよ。 もしかしたら人類の祖先とイルカの祖先は大昔に地上で触れ合えていたかもしれない・・・?

イルカってどんな奴なの?

dolphin

イルカは生物分類で「鯨偶蹄目」というグループにいます。 これは名前の通りクジラが属するグループで、実はイルカとクジラに明確な違いはありません。 乱暴な理論では4m以上がクジラで未満がイルカだなんて分け方もあります。

さてこの鯨偶蹄目ですが、なんとカバやウシなどの陸上動物も入っています。 つまりイルカはクジラやカバに近い仲間という訳です。

クジラはともかく、カバやウシは陸上生物だからイルカの仲間じゃないって? でもよくよく考えてみてください。水中生活しているイルカが肺呼吸しているのはおかしいと思いませんか?

イルカは何で肺呼吸なの?

dolphin

イルカは肺呼吸している哺乳類です。 魚のように海中で呼吸はできず、息継ぎの際には海上に上がってこなくてはなりません。 でもよくよく考えてみれば、海で生きていくなら肺呼吸である必要はないですよね。

イルカが肺呼吸する答えはイルカの祖先と言われている「パキケトゥス」にあります。 こいつは5000万年前に地上にいた面長のオオカミのような動物で足は4本あります。 ちょうどワニのような感じで、水辺で生活して水に身を潜めて狩りをしていました。

こいつが水辺で生活するうちに、より水中で生活するのに適した進化を遂げて海へ逆戻りしたのがイルカの始まりです。 進化の過程で水陸両用に進化し、やがては完全に水中生活するようになりました。 それから2~3000万年前ほどでイルカとなったのです。

イルカの体にはかつて陸で生活していた痕跡も見て取れます。 後ろ足が退化した骨が体内に見られますし、2006年には手の名残である腹ビレが残っているイルカも発見されました。 肺呼吸であることもかつて陸上で生活していた証拠です。

カバの祖先ははっきり分かっていませんが、クジラと共通の祖先を持っていると考えられています。 カバはウシよりもクジラの方が近いと言われるぐらい種として近いのです。

さて、人類がイルカと陸上で触れあえていたかですが・・・
5000万年前の人類なんて完全にサルですね。それにパキケトゥスもとてもイルカとは言えません。

という訳で「人類とイルカの祖先は、かつて陸上で触れ合っていた可能性が全くないとは言い切れない」でした。 まあ実際は迷ってうっかり水辺に入り込んだサルがパキケトゥスに食われてただけでしょうが。

雑学王 HOME