イルカは右脳と左脳が交替で眠る

dolphin

水族館で人気者のイルカ。知能が高い動物として有名で、様々な芸をこなす頭脳派。 しかしこのイルカの頭脳、実は人間にも真似できない機能がそなわっているのです。

なんとイルカは右脳と左脳が交互に眠り、24時間動き続けることができるのです!

イルカって寝てないの?

その昔イルカはまったく眠らずに活動しているんじゃないかと考えられていました。 イルカは哺乳類なので当然肺呼吸が必要なのですが、24時間常に泳ぎ続けているしちゃんと呼吸もしています。

イルカと近い種であるクジラやカバは普通に寝ているんですが、イルカだけどうして動き続けることができるのでしょうか。 実はイルカ、不眠不休で動いているようでいてばっちり眠っていたのです。

脳を片方ずつ眠らせる半球睡眠によって睡眠していたのです。

半球睡眠って何なの?

brain

半球睡眠とは要は脳が半分ずつ交替で眠る睡眠です。 イルカは1回の潜水で1分ほど潜っているのですが、その間に片目を閉じてぐるぐる体を回転させることがあります。 この1分の間に片脳だけ寝ているのです。右目が閉じている時は左脳が寝て、左目が閉じている時は右脳が寝ています。

イルカはこの半球睡眠を1日に数百回行うことで睡眠時間を確保していたのです。 人間も退屈な授業や会議で半分寝ることがありますが、その発展版とも言える能力でしょう。

他にも海鳥などが半球睡眠をすることで知られています。 ちなみにマグロも眠らない魚として有名ですが半球睡眠ではなく、ゆったりした動きで疑似的な睡眠を取っています。

人間も半球睡眠できるの?

brain

昔読んだ本に実践方法が載ってましたが、できませんでした。金返せ!

まず根本的に人間の体は半球睡眠できるようにできていません。 人の睡眠はまず浅い眠りのレム睡眠から入り、だんだんと深い眠りのノンレム睡眠に移行します。 脳が眠るのはノンレム睡眠の段階なので、イルカのように超短時間の睡眠をいくら取っても休息を得られません。

ならば片脳だけぐっすり眠ればどうかだって?そんなことできる訳ないでしょう! いくら片目を閉じてじっとしていても、脳の睡眠にはなりません。

睡眠は人にとって欠かせない作用があります。 体の疲労物質を除去し、脳の回復と記憶の整理を行い、成長ホルモンを分泌します。

睡眠時間が長いと損している気分になりますが、過剰な睡眠でもしていない限りは錯覚です。 無理やり短時間睡眠で抑えても結局は集中力を欠いた状態で1日を過ごすハメになるだけなので、ぐっすり眠りましょう。

ちなみに睡眠時間をごく短時間しかとらないショートスリーパーと呼ばれる人がいます。 この人たちはレム睡眠の時間が短いために睡眠が短時間で済むのですが、先天的なものなので訓練してなれるものではありません。そうでない人は諦めてぐっすり眠りましょう。

雑学王 HOME