ツナとシーチキンの違い

different-tuna-seachicken

シーチキンは代表的な缶詰です。パンにはさんだり、サラダにまぶしたり、野菜炒めにまぜたりと用途は多彩です。 シーチキン寿司なんてのまでありますね。子どもから大人まで広く親しまれています。

シーチキン食べたくなったからツナ缶でも買いに行きますか・・・ あれ、そういえばツナ缶とシーチキン缶って何か違うの?

ツナ缶はマグロ缶

tuna

日本で「ツナ」というとツナ缶のように聞こえますが、英語のtunaはマグロのことです。 つまりツナ缶はマグロから作られた缶詰ということです。

普通のツナ缶と「ライトツナ」と呼ばれているツナ缶がありますが、これは原材料のマグロの種類が違います。

ツナ(ホワイトツナ)

ビンチョウマグロが原料で、白いフレーク片が特徴です。 高級なツナ缶で、このまま食べてもおいしいです。

ライトツナ/ライトミート

キハダマグロ、メバチマグロ、カツオが原料です。 カツオはマグロではないのですが、食感や味が近いので原料として使われています。 (マグロはサバ科マグロ属、カツオはサバ科カツオ属なので近しい関係ではあります)

脂分とカロリーが控えめに作られる傾向があり、ホワイトツナに比べると味が落ちることがあります。 調理して食べるのに向いているでしょう。

シーチキンは商標名

シーチキンは商標名で、はごろもフーズが登録しています。 要ははごろもフーズの出しているツナ缶の事をシーチキンと呼びます。

「シーチキンサラダ」や「シーチキン寿司」がはごろもフーズ製のシーチキンのみを使用しているかは疑問が残りますが・・・

まとめると「ツナ缶はマグロやカツオをフレークにした缶詰」「シーチキンははごろもフーズが商標登録しているツナ缶」でした。

雑学王 HOME