そうめんとひやむぎの違い

different-somen-hiyamugi

夏になると食べたくなる物と言えばそうめんです。 暑くて食欲がない時でもツルッと食べれる、夏の定番料理です。 七夕になると行事で振る舞われることもありますね。

そうめんをスーパーに買いに行くと・・・おや、そうめんとひやむぎが並んで置いてあります。 どっちも茹でればそうめんになりそうなものですが、何が違うのでしょうか。

そうめんとひやむぎの違いは「太さ」

somen

そうめんとひやむぎの違いは、その「太さ」一点です。 もちろん種類によって微妙に原材料や配合割合が変わりますが、最終的に太さでそうめんとひやむぎに分けられます。

それどころか「うどん」や「きしめん」も太さなどによってのみ区別されています。 麺生地を伸ばすところまで同じでも、どう切るかによって区分が変わるのです。

ちなみに各麺は以下のように定義されています。

JASの麺定義一覧

規格
そうめん直径1.3mm未満
ひやむぎ直径1.3mm以上1.7mm未満
うどん直径1.7mm以上
きしめん幅4.5mm以上 厚さ2.0mm未満

そういえば「細麺うどん」なんて代物がありますが、あれをさらに細くしたら「そうめん」や「ひやむぎ」にとしても出せるかもしれません。

しかしこれらの区分は太さのみで変わるとはいえ、実際の麺づくりでは生地の原料や配合も違います。 また同じような材料を使うとはいえ、配合、こね方、寝かせる時間、切り方など作り方も様々です。 それぞれの料理でおいしくなるように麺も作られているので、太さで全てを決めてしまうのは無粋なのかもしれませんね。

雑学王 HOME