チャーハンと焼き飯とピラフの違い

friedrice

定食屋でチャーハンでも食べようと思った時、メニューを開くとチャーハンはないけどピラフがあったりします。 似たようなもんだしまあいいかと頼んで食べ終わったらやはり疑問が残ります。一体チャーハンと何が違うんだ・・・ 他にも焼き飯なんてのもありますね。

この3つ、実はお米の調理方法で名前が変わるんですよ。

チャーハン・焼き飯・ピラフの違い

チャーハンとは

friedrice

卵を先に炒めて、後から炊いたお米を入れて一緒に炒めるのがチャーハンです。 卵は一部が炒り卵になり、残りはご飯に絡まるためバランスの良く卵を味わえる料理です。 またご飯に絡まる卵が少ないことと強火で調理することが合わさり、パラパラした食感となります。

焼き飯とは

yakimesi

炊いたお米を先に入れ、卵を後から入れるのが焼き飯です。 卵がご飯と絡まり一体となるため、チャーハンと比べるとしっとりした料理になります。 卵と一体となったご飯を楽しみたい人にお勧めです。

ピラフとは

pilaf

炊いていないお米をバターで炒めてブイヨンスープで炊くのがピラフです。 焼き飯と比べて更にしっとりとしており、塩味を感じる料理です。

最近ピラフを出す料理屋が少なくなったような気がしますが、多分3種の中で一番作るのに手間がかかるのが原因です。 チャーハンや焼き飯なら保存しておいたご飯と具を炒めれば終わりですが、ピラフはそうもいきません。 注文が入ってから作るのでは時間がかかり、あらかじめ作っておくのでは味が落ちてしまいます。

これで違いはばっちりですね! まあ実際のところはチャーハンと焼き飯の違いなんてあってないようなもののような気もしますが・・・

蛇足・自宅でできるパラパラチャーハンの作り方

自宅でチャーハンを作ると、火力が足りなくてあまりパラパラになりません。 そこで紹介したいのが、あらかじめご飯と卵を混ぜておく方法です。

作り方は簡単。冷えたご飯に卵をよく混ぜ合わせて、具を炒めてから卵ご飯を投入します。 ご飯を卵でコーティングすることでご飯の水分を中に閉じ込め、パラパラした食感になるのです。 ちなみに卵の代わりにマヨネーズなどを使ってもできます。

割と一般的な家庭用チャーハンの作り方として知られているこの小技ですが、これって焼き飯ですよね・・・

雑学王 HOME