ピクニックとハイキングと遠足の違い

different-picnic-hikingu

暖かくなったら良い天気の日をハイキング日和ともいいますね。 そんな日にはピクニックにでも行きたい気分です。

ん?ハイキングとピクニックって何が違うの?

食事目的なのがピクニック

picnic

「picnic」を調べると「野外での食事」とあります。 ピクニックは食事が主なのです。

ピクニックはヨーロッパ貴族の遊びが起源とされています。 仲間や召使い、猟犬など大勢で狩りに出かけて、そのまま外で食事をするのが貴族の贅沢でした。

その貴族文化が大衆にも広がり、その過程で屋外へ出かけて軽食を食べるような形に変化していきました。 貴族の遊びでは給仕人が食器やテーブルまで用意していましたが、一般人にはそんなの無理ですからね。

こうしてピクニックは野外で食事を楽しむイベントとして定着したのです。 日本ではちょっと出かけた先での食事をピクニックと言いますが、外国では庭でのバーベキューもピクニックと言ったりします。

歩く目的なのがハイキング

hikingu

「hiking」を調べると「運動・楽しみのために郊外・野山を歩く」とあります。 ハイキングは歩くのが主なのです。

ハイク(hike)は歩くという意味で、ハイキングする人をハイカーと言います。 ちなみにヒッチハイカーはhick(引っかける)とhike(歩く)で、歩行者が通りすがりの自動車を引っかけることにちなんだ言葉です。

ハイキングは20世紀ごろに運動や健康維持のための活動として始まったとされています。 歩くこと自体が目的ではないかもしれませんが、散策や登山などの過程で歩き、それが運動不足の解消や健康維持に繋がっている訳です。

さてそういう訳で「ピクニックとハイキングは目的が違う」でした。 ピクニックは外へ軽食しに、ハイキングは外へ歩きに行くイベントなのです。 もちろんピクニックの過程で歩いたり、ハイキングの過程で軽食を取ったりすることもありますけどね。

学校行事なのが遠足

hikingu

遠足は「school excursion」と書き、学校行事の一環であることが見て取れます。 家族や友人で楽しむイベントを遠足と呼ぶのは違和感がありますよね。

遠足の目的は「教育」で、社会を見学したり集団行動を学んだりします。 また遠足は日帰り旅行であり、泊りがけのものは「修学旅行」として区別されます。

遠「足」とありますが、ハイキングのように絶対に歩く訳でもありません。 移動が全てバスや電車でも遠足です。

その内容はハイキングだったり、ピクニックだったり、また別の形式だったりと様々です。 内容ではなく、社会や集団行動を学ぶための場が遠足なのです。

雑学王 HOME