「オタク」と「マニア」の違い

otaku

漫画、アニメ、アイドル、鉄道などジャンルを問わずサブカル好きな人のことを「オタク」や「マニア」などと呼びます。 しかしこの2つの言葉、分かれているから何か違うのでしょうが違いがよく分かりません。

曖昧な概念とも言える言葉なので明確に分かれている訳ではないのですが、オタクは「外向き」マニアは「内向き」な人に対して使用する印象が強いです。 要はサブカルをコミュニケーションツールとして使っているのが「オタク」、個人的に熱中しているのが「マニア」という訳です。

ただこの2つの間に明確に境界線がある訳ではないですし、明確に使い分けられてもいる訳でもないですけどね。 中には逆の分類がされているものもあり完全にこうだとは言えないのですが、まあ参考までに見てください。

オタクとは

otaku

オタクとは主に漫画、アニメ、アイドル、ゲーム、パソコンなどのやや肩身が狭い文化である「サブカルチャー」に熱中する人たちを指す言葉です。 1970年代にオタク同士が相手を呼ぶ際、二人称(あなた)を「おたく」と呼んでいたことに由来すると言われています。

オタクは特定の趣味や話題をコミュニティ内で共有するいわゆる「コミュニケーションツール」として利用します。 また活動・知識・コレクションなどを周囲にひけらかすのもオタクの特徴です。

つまり自己顕示欲や承認欲求をメインカルチャーやポップカルチャーで満たすのが一般人、サブカルチャーで満たすのがオタクと言えます。 メインカルチャーやポップカルチャーに傾倒するオタクもいますが、楽しみ方が人とは少し違う感じがあります。

例えば野球オタクと形容される知人がいますが、一緒に野球観戦をしていると「データが~」「こいつはこの場面では~」「俺なら~」などうざい独特な楽しみかたをしています。こういう自己顕示欲を満たそうとする行為がオタクっぽく見えるんですかね?

マニアとは

mania

マニアとはギリシャ語の「狂気」を由来とした言葉で、特定の物事に傾倒する人のことを指します。 マニアもオタクと同じく特定の物事に強い関心を抱き、コレクターとして物を集めたり知識や技術を深めたりします。

しかしマニアはオタクのように物事を他人と共有する必要性を感じません。 マニア同士でコミュニティを形成することもありますが、自分の趣味を掘り下げるために他人が必要なだけです。

中毒者や依存症とも評されますが、あながち的外れな表現ではありません。 マニアは自分の知識欲や収集癖を満たすためにサブカルに傾倒しているのですから。

オタクは気持ち悪い?

otaku

オタクは「キモい」と評されることがあります。 オタクは一括りにするほど単一にまとまった集団ではなくオタクからの反論もありますが、まあそう評される要素を持っている場合も少なくないので掘り下げてみましょう。

オタクが熱中しているのは基本的にサブカルチャーであり絶対数が少ないです。 つまりはマイノリティ分野であるため、一般人の理解の外にあります。

そんなオタクの中には、身なりや言動に気を配らない人が少なくありません。 これはコミュニティ内でこういったものが重視されず、別のマナーや文化があるのが理由です。 一般的に「ダサい」と言われるファッションでもオタク界隈では許容されるので問題になりませんし、コスプレやオタクファッションで着飾ることもあります。

またオタクは自己欲求を満たすのに他人が必要であるため、己の行動を誇示する人が多いです。 オタクファッションに身を包んだり、車にアニメのペイントを施したり、インターネット上で趣味を語るオタクを目にする機会も多いですね。 そしてオタクが集まるとオタク趣味で盛り上がります。これらは一般人から見て総じて「キモい」風景であり、つまりはオタクキモいです。

こういったことはサブカル以外にも見られることではあります。 例えばジャニーズなどのアイドルグループを追っかける女子を見て、オタクと同様の性質やキモさを感じる男性は少なくありません。 しかしポップカルチャーは担い手が多いため、悪口を言うと政治力や数の暴力で封殺されます。ずるいですね。

つまりオタクがキモいと言われるのは「一般常識の外にある」「マイノリティー」であることが原因と言えます。 どちらかひとつでも解消されればキモいとは評されないのではないでしょうか。 まあそもそもオタクはマイノリティーな存在である前提なので、オタク文化が大衆化すればキモい云々の前にオタクではなくなるんですけどね。

ちなみにマニアはキモいと言われることが少ないですが、これは目立たないのが理由と考えられます。 オタクのようにあまり群れたり目立ったりしないから、同じようなことをしていても一般人の目に触れない訳です。 この辺は他者を必要としないマニアの強味でしょうか。

雑学王 HOME