もりそばとざるそばの違い

soba

暑くなるとざるそばを食べたくなりますね。 火照った体に冷たい麺が染みわたります。そば屋でメニューを開いてみると・・・おっ「ざるそば」と「もりそば」がある。 じゃあ安い「もりそば」一丁。

そういえば「ざるそば」と「もりそば」って何で値段が違うのでしょう? どちらも同じようなものに見えますが・・・

「ざるそば」と「もりそば」の違い

この2つの違いは店によってまちまちです。現代ではこの2つの定義はかなり曖昧なものになりました。 一応2つの要素らしきものを挙げると以下のようになります。

ざるそば的な要素

もりそば的な要素

一応2つそばのそれらしい傾向を挙げましたが、必ずこうなっている訳ではありません。 特に片方しか置いていない店では、「ざる」「もり」どちらの要素も含んでいることが多いです。

soba

現在では2つに傾向はあっても、明確な線引きはされていないと考えるといいでしょう。

もりそばとざるそばの歴史

soba

遡ること江戸時代、当初はそばに汁を付けて食べる、いわゆるもりそばは「そば」と呼ばれていました。 そばは皿・お椀・せいろなど様々な食器に盛られて出されていました。

「伊勢屋」が従来のそばと差別化を図り、そばを竹ざるに乗せて「ざるそば」として出しました。 これがざるそばの始まりです。ざるそばは流行し、他の店でも真似されるようになります。

江戸時代中期、そばに直接汁をかけてある「ぶっかけそば」のスタイルが流行します。 従来の汁に付けて食べる「そば」はぶっかけと区別するために、そばは「もりそば」と名前が付けられました。

ちなみにぶっかけそばは、後に「ぶっかけ」が「かけ」と略され、「かけそば」とも呼ばれるようになっています。

当初はそばが入っている器の違いでしかなかった「もりそば」と「ざるそば」ですが、明治になると差別化されていきます。 ざるそばには高価なそば粉・出汁・薬味などが使われる一方、もりそばは安価でシンプルなスタイルのままでした。

しかしさらに時代を下り現代になると、両者の違いはかなり曖昧になりました。 店・メニュー・食器・価値観が多様化し、「ざるそば」「もりそば」の違いに拘るような時代ではなくなったということでしょう。

そうして今に至ります。もちろん一部で両者を差別化している店もありますが、もともとは器の違いでしかなかったし、現代はそんなものに拘るような時代でもないしと、あまり気にする必要はないのかもしれませんね。

雑学王 HOME